制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場 2019輝け!期待のアスリート
新春インタビュー 西田竜王町長に聞く 【寄稿】衆議院議員 小寺裕雄氏
三日月知事に新春インタビュー 小椋正清市長新春インタビュー
2019年1月10日7時

=亥年の無病息災を祈願 地元小学生35人が参加=

順番に投石して木札を競って割る子どもたち

 【近江八幡】近江八幡市安土町西老蘇の鎌若宮神社で8日、「まじゃらこ(魔蛇羅講)」が行われた。
 「まじゃらこ」は毎年1月8日に行われている新春の伝統行事で、外からの災いを防ぎ、地区内が平穏に過ごすことができるよう、本殿前の参道に取り付けた勧請縄の真ん中の木札を子どもたちが石で競って割る祭り。
 午後2時半から同神社近くの農業倉庫で地域の安泰を祈願する神事が営まれた後、子どもたちが勧請縄を抱えて同神社まで運び、約2・5メートルの高さに取り付けられた「天下泰平」の木札に石を投げつけて割る速さを競い合った。
 割った子どもはことし1年元気に過ごせると言われており、集まった小学生35人が順番に投石した結果、3巡目で森優太さん(老蘇小3年)が見事、木札の中心に命中して2つに割れた。
 森さんは「初めて割れて嬉しかった」と話していた。
 同神社の深尾増男宮司(77)は「まじゃらこは大きな文化伝統。ずっと続けていきたい。今年の干支のイノシシは足腰が強く猛進するといわれる。子どもたちも元気に、学校でよく学び、地域で頑張ってほしい」と話していた。


交番襲撃し警官ら2人死亡、富山 拳銃奪い小学校近くで発砲 : 京都新聞 コラム凡語:闘う読書 : 京都新聞
指定避難所で天井被害相次ぐ 大阪北部地震で京都・山城 : 京都新聞 過去の課題から3割超出題 全国学力テスト : 京都新聞
危険ブロック塀、全国1万2千校 2割で安全対策実施せず : 京都新聞 愛媛県、柳瀬氏批判し反証 「覚えている限り」と釈明 : 京都新聞
京都・嵐山東に避難指示 土砂災害の恐れ : 京都新聞 君が輝くまちづくりとは 市民と議会の意見交換会
不登校や中退、再出発を支援 京都・城陽に塾開設 : 京都新聞 安土オリジナル「飛び出し坊や」設置
リアリズム徹底、不思議な輝き 是枝監督に聞く : 京都新聞
首相、忖度批判「真摯に受ける」 加計問題、招致要求には消極姿勢 : 京都新聞 女子高生に淫行疑い高校教諭逮捕 学校関係者の情報提供で発覚 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧