制服まとめ
愛荘町のブラジル人学校「サンタナ学園」中田校長の悲痛な叫び

=村西俊雄町長 実情視察から支援策探る=

児童を交え中田校長と意見を交わす村西町長

◇湖東・愛荘町
 日本の製造業を底辺で支えてきた日系ブラジル人の労働者たちが、派遣切りなどで職を失ったことから、愛荘町長野(愛知川ふれ愛スポーツ公園近く)にあるブラジル人学校「コレジオ・サンタナ学園」(中田ケンコ校長)は、子供の授業料が払えないなどを理由に児童の数が激減し、学校そのもの自体の存続が危ぶまれるなど、危機的状況に追いやられている。
 平成十年五月に設立されたサンタナ学園は、ポルトガル語や母国の歴史など、ブラジル本国の教育カリキュラムに沿って、0歳児から幼・保・小・中・高までの一環教育を行い、算数や社会、音楽などを教えている。
 昨年九月まで通学していた児童は約百人。その後、同十月から徐々に減り出し、昨年十二月から今年一月にかけて三十人以上がやめ、現在では四十五人が学校に通う。
 うち三十人は授業料(月額三万五千円)を支払っているが、親が仕事を失って払えない子供が十五人もいる。学校に来なくなった子供のほとんどは、親の仕事が見つかるまで自宅待機を余儀なくされた。
 同時に、十五人いた先生も六人に減った。給料も月二十万円から五万円へと値下げした。生徒の激減で学校の運営も悪化するばかりで、先生も一個一円五十銭の内職で頑張る。何とかしないと「子供がかわいそう」と中田校長は嘆く。
 親の収入が減り授業料が払えないで、公立の保育園に入った四歳の子供が学校に遊びに来ていた。日本語がしゃべれないことから友達ができず、自閉症に陥り暴力を振るうようになったという。昼間は、親が働いていて家には誰もいない。
 中田校長は、この子を含め保育園に来なくなった十五人に「学校においで、みんなと楽しく遊ぼう」と声を掛けるが、一方で送迎時のガソリン代や昼食代などを心配する。
 村西俊雄町長は五日、サンタナ学園を訪れ実情を視察した後、町として「何か役に立つことはできないか」と、中田校長と意見を交わす機会を持った。
 学校側は、職を失った人を町の臨時職員として採用できないか▽ポルトガル語と日本語を教えるスタッフがほしい▽送迎車のガソリン代や子供の昼食代、おやつ代、ミルク代に頭を抱えている―などと訴えた。
 これに対し村西町長は、ガソリン代や子供の食べ物について「カンパに頼るしかない」と答え、就職先ほか野菜、米、お菓子、ミルクなどの食料品確保に対しは「民間支援も考慮に入れ検討したい」との意向を示した。
 一方、通学範囲は、愛荘町だけでなく東近江、近江八幡、彦根、野洲、湖南(甲西)、甲賀(水口)など多方面にわたり、各市町の公立学校への編入、日本語教室の設置、食文化の交流機会などへの取り組みが異なり、町独自の有効な手段が講じられない点も指摘した。


小学校教諭がひき逃げ疑い 京都府警逮捕、重傷負わす : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧