制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
多文化共生に役立てて!姉妹都市交流実行委が寄付

=国際交流協会設立準備会へ=

久保田九右衛門・姉妹都市交流実行委員長から寄付金を受け取る奥田代表(左端)

◇湖東・愛荘町
 愛荘国際交流協会設立準備会(奥田祐子代表)はこのほど、同町の姉妹都市交流実行委員会から寄付金の贈呈を受けた。
 この寄付金は、同町の姉妹都市・米国ウエストベンド市との交流資金として住民から集められた協賛金の残金で、今後の多文化共生事業などに役立ててほしいという願いから寄せられたもの。
 寄付金を受け取った奥田代表は「町内には、ブラジルを中心に多くの外国籍住民の方が住むほか、県内各地から児童生徒が通うブラジル人学校があり、寄付金はこれらの人々を民間サイドで手助けすることに役立てたい」と話していた。
 愛荘国際交流協会設立準備会は五月に発足し、会員は現在約三十人。今年度の活動は主に外国人住民の生活支援、多文化研修会や語学講座、世界の料理パーティーを予定し、来年度には正式発足する。


全国で教員不足600人超 26都道府県と9市の公立校 : 京都新聞 よい異性より合う異性を! 応援塾と蒲生地区まち協
子どもサマーフェスティバル 様々な交流で夏の思い出 京都府、小中男女とも全国平均下回る 全国体力テスト : 京都新聞
満開の桜に笑顔広がる 高森南小で「お花見給食」 JICA研修 竜丘で地域と公民館の役割学ぶ
留学生7人、大阪の専門学校提訴 大量退学で帰国や転校 : 京都新聞 ヘッドライトと拡声器を寄贈
飯田で「食を考えるつどい」~健康長寿の食育推進~ 直接対決で激論
文科省、加計面会文書確認できず 林氏が調査結果発表 : 京都新聞 平安時代と現代、町並み重ねて 京都で地図展示 : 京都新聞
幻想的な輝きに感激 神戸市教委、概要文書も伝えず 隠蔽の自殺メモ基に作成 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧