制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
31日まで 廣島愛川書作展 「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定
「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定 児童らが地元を取材 たくさんある文化知って!
滋賀学園まずは初戦突破へ きょう、智弁和歌山と対戦

=バス43台、3,500人の大応援団=

◇東近江
 雨天で順延になっていた夏の全国高校野球大会五日目の第一試合「滋賀学園対智弁和歌山」は、きょう十四日に行われる。
 滋賀学園初出場の初戦には、総勢三千五百人の大応援団がアルプススタンドに結集し、力いっぱいの応援を繰り広げる。
 学校からは、四十一台、近江鉄道からは二台の応援バスツアー合わせて四十三台の応援バスが運行され、午前四時、第一陣が学校を出発する。バスには、野球部OB、選手の家族、在校生、チアリーダー、友情応援の八日市高校と玉園中学の吹奏楽部員らも乗り込む。
 東近江市を全国に大きくPRできる絶好の機会を与えてもらったとして西澤久夫市長が電車で、谷和彦副市長は職員互助会がチャーターした応援バスに乗って、職員と共にそれぞれ甲子園球場に向かう。また、市議二十六人も議会のチャーターバスで応援団に加わる。一般の高校野球ファンや滋賀学園応援者を乗せた近江鉄道主催の応援バスツアーには、県内各地から約六十人が二台に分乗して出発、アルプススタントで先着の応援団と合流し声援を送る。


首相、予算委で「けじめ」に言及 森友改ざん、総辞職は否定 : 京都新聞 京都の高校生、京大チーム破り念願の頂点 橋模型コンテスト : 京都新聞
女子高生に淫行疑い小学校教諭逮捕 別事件捜査で浮上 : 京都新聞
「政所玉露」復活へ 八日市南高校生 社説:介護留学生倍増 労働条件の見直し急務 : 京都新聞
災害時初動拠点を整備(仮称)北里地域防災センター 大津市の路上喫煙防止条例
教員らが仙台の旧荒浜小を視察 遺構生かし震災学ぶ : 京都新聞
18年度県教職員人事異動 地球温暖化 啓発冊子作成
滋賀県女性防火クラブ連絡協議会 災害時「あなたならどうする」 伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧