制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
ようこそ東近江市へ ―玉緒レッドと交流― 福岡の「城少レッドスターズ」

=少年野球が縁結ぶ(3)=

城少レッドスターズと玉緒レッドスターズ(左)が勢揃い

◇東近江
 福岡市少年軟式野球連盟所属の「城少レッドスターズ」(中尾正典代表)は先月二十五日、東近江市軟式野球連盟学童部所属の「玉緒レッドスターズ」(武久健三代表)を訪問し、長年温めてきた交流を現実させた。玉緒コミュニティーセンターで催された歓迎・交流会では、両チームの子供や指導者、保護者が一体となって初の対面を喜び、ゲームなどを楽しんだ。翌二十六日は、待ちに待った交流試合のほか、お別れ会で「甲子園で会おう」と再会を誓うなど、多くの思い出を胸いっぱい詰め、福岡へ旅立った。


思い出が詰まった色紙にサインする選手たち

互角勝負の交流試合

 城少レッドスターズ(福岡)と玉緒レッドスターズ(東近江)の交流戦は、午前九時から長山公園グラウンドで、昼食を挟み二試合が行われた。同じようなチームカラーで、一点を争う互角のゲームを展開し、一勝一敗の試合結果となった。
 交流戦一試合目は、二回と四、五回に一点ずつ小刻みに得点を重ねた城少に対し、四回に一点を返し追う玉緒は最終回、二アウト満塁と詰め寄ったが届かず、結局3対1で城少に敗れた。一方、二試合目は打撃戦を展開し、序盤に六点を挙げた城少を追い掛け、三回以降毎回得点の玉緒が6対7の一点差で勝利を収めた。
 昼食では、JAグリーン近江から提供を受けた近江米をベースに、玉緒レッド保護者が用意したカレーライスに舌鼓を打ち、おいしい、おいしいと、お変わりする城少メンバーらに人気を博した。かき氷に群がる子供たちの姿から、グラウンドでの熱戦、熱気が伝わる。


別れを惜しむ城少レッドの皆さん

お別れ会で再会誓う

 交流試合を終えて、グラウンド脇に建てられたテントで、お別れ会が催された。テーブルに並べられたジュースやお菓子を食べながら、お互いの学校生活やチームのこと、野球への夢などを話し合い、同じチームの仲間と感じさせる表情を示し、打ち解ける姿は周囲を和ませた。
 中尾代表の「子供らを東近江市に連れてきて良かった。お世話になりました」との感謝を受け、武久代表は「子供の友情が深まるよう末永く交流したい。今度は私たちが訪問する番」と、城少レッドの訪問を喜んだ。
 子供たちは、交流での思い出や今後の抱負などを一枚の紙に書き、各チームのキャプテンに手渡し、両チームのキャプテンがまとめて交換した。お別れ会は、和やかな雰囲気に包まれ、別れを惜しむ中で幕を閉じた。
 バスに乗り込んだ城少レッドの選手たちは、大きな声で「甲子園で再会しよう」と、玉緒レッドの選手に呼び掛け、窓から手を振る姿を目に焼き付けながら、長山グラウンドを後にし、福岡への帰路に着いた。両チームにとって、長い夏休みの中で、思い出に残る有意義な二日間だった。


好投みせる両エース>玉緒レッド
好投みせる両エース>城少レッド
小学生の防犯ブザー、電池が破裂 新入生らに自治体が配布 : 京都新聞 飯田市街地でりんごん開く
22教委が中学で週2日休養 運動部、高校は制限緩和も : 京都新聞 中2自殺で市教委「沈静化図る」 内部文書に記述、滋賀・守山 : 京都新聞
飯田OIDE長姫高校の桜姫祭 靖国神社宮司に皇学館の山口氏 天皇批判報道の小堀氏の後任 : 京都新聞
前年準優勝で今年は優勝だ!!第69回県体 東近江市選手団
”新生”森林税、広がる活用 上伊那で新事業 左京・花背、右京・黒田に避難勧告 桂川増水で京都市 : 京都新聞
竜王中学校で自転車の安全利用啓発 人の交流と繋がり 安土町地域自治区文化祭
安倍首相夫人に脅迫状 経営する飲食店に : 京都新聞 戦争の教訓を後世へ「市平和祈念式典」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧