制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
卓球 日本代表で世界大会へ 飯田出身松沢さん

 青森山田高校3年の松沢茉里奈さん(17)=飯田市鼎名古熊=が、来月南米コロンビアで開かれる世界ジュニア選手権に日本代表として出場する。公式試合での日本代表は初めて。「緊張すると思うけど、一つでも多く勝ってメダルを取れるように頑張りたい」と意欲を見せる。

 10月に東京で行われた代表選考合宿に参加し、出場した女子14人の中でただ一人代表に選ばれた。ジュニア選手権は12月9―16日にあり、松沢さんはシングルスとダブルス、女子団体に出場する。

 「14人で合宿をして一人だけ選考される。厳しいかなと思ったけど、頑張ってみたら良い成績が出せてとてもうれしかった」と松沢さん。ジュニア選手権には同校の部員や監督も一緒といい、「気持ちは楽。代表として日本に貢献できるように頑張りたい」と力を込める。

 8日に実家へ帰省し、久しぶりに家族との時間を過ごした。予防接種など忙しかったというが、「家族みんな喜んでくれた。おいしいご飯を食べたので気を引き締めて頑張りたい。いまは帰って卓球がやりたくて仕方がない」と満面の笑みで話した。

 5歳から祖父の故鎮西重夫さんが開設した「下條クラブ」で卓球を始め、青森山田中学校へ特待生として入学。毎日8時間の練習を重ねて成績を残し、ことしは女子卓球部のキャプテンを務める。7―8月の「全国高校総合体育大会(2009近畿まほろば総体)」では、大会史上初となる男女アベック優勝を果たした。

財務、国交がごみ撤去費記載阻止 森友会計検査、共産「不当圧力」 : 京都新聞 たかもりカヌークラブが初心者対象講習
日野中学校音楽部 近畿コンクール出場激励会 茅野市長選 柳平氏不出馬の意向
上郷小3年生が選果場で「収穫後」見学 上郷小5年生が豊作う 代かきで泥まみれ
教育活性化部門 能登川西小「博報賞」を受賞 自分たちの手で美しく!朝桜中生徒が受け継ぐ心
泰阜村と中国・方正県が友好提携20年 水道管破損5729戸断水  京都、老朽化原因か : 京都新聞
西の湖、ふるさと見つめる「ヨシ灯り」づくり いじめ相談307件「深刻な内容増加」滋賀県電話窓口、17年度 : 京都新聞
7日小学生相撲北信越大会 双子力士が決意 子どもにもやさしく解説 近江商人ってな〜に?
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧