制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
喬木第一小4年1組が阿島傘の絵付けに挑戦

 喬木村の郷土産業だった和傘「阿島傘」作りに挑んでいる喬木第一小学校4年1組の28人が18日、傘の表面に絵を書き加える「絵付け」と呼ばれる作業を体験した。阿島傘の保存と伝承に取り組む「阿島傘の会」会長の小林武司さん(82)からアドバイスを受け、思いおもいに筆を走らせた。

 村の産業の歴史などを知る狙いで毎年4年生が取り組む。2―3人でグループを作り、今月初めに骨組に扇形の和紙を張る「大張り」を行いこの日に備えた。

 それぞれアイデアを出し合って自由にデザインし、和紙を張った直径1メートルほどの傘に下書き。水性の絵の具を使って色を付けた。

 村特産のイチゴや、村発足135周年に合わせて誕生したイメージキャラクター「ベリー&ゴー」などを画材にしたカラフルな作品も。古島菜生さん(9)は「出来上がりがとっても楽しみ」と言い、張り切っていた。1組の児童は21日に絵付けする。

 絵付けの作業が終わると阿島傘の会で仕上げをし、来年2月までには完成する見通し。小林会長は「伝統工芸を残していくため今後も協力していきたい」と話した。

 阿島傘は、江戸時代中期の1737(元文2)年に京都の旅人によって工法が伝わったとされる。戦後には約160戸、年間30万本が生産されていたものの、洋傘の普及などによって徐々に衰退、いまでは1戸のみだという。

松川北小がコイのつかみ取り 学校田に放流 大鹿歌舞伎春の定期公演開く
同じニュースで新聞読み比べ 塾帰りの小学生2人殴り男逃走 札幌、路上ですれ違いざま : 京都新聞
竜峡中2年生が竜峡小唄と伊那節学ぶ 木沢小でゆっくりしようの会 和田小が住民ら迎え
みんなで祝う記念式典 愛荘町 町制10周年 4町村で正月成人式~希望胸に一歩踏み出す~
日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮 : 京都新聞 公文書改ざん、不当廃棄は免職も 政府の見直し原案判明 : 京都新聞
交換学生で櫻さん派遣 東近江ロータリークラブ 県教委が刊行、配布「近江水の宝」網羅したマップ
神戸の連続児童殺傷事件とは : 京都新聞 高森町南小で習字指導 住民を講師役に迎え
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧