制服まとめ
喬木第一小4年1組が阿島傘の絵付けに挑戦 飯田で初積雪「子どもはしゃぎ大人はため息」
野底山財産区 県内外100人が力走、天龍峡を舞台に「シクロクロス」
村のごみ問題を考える、泰阜中で「村政を語る会」 ありがとう阿智中旧校舎、取り壊し前に「お別れの式」
下久堅放課後子ども教室1周年でおやす作りに挑戦 飯田市が開く「お正月特別相談会」のお知らせ
高森町役場で町長選立候補届け出書類の事前審査開く 昔ながらの正月遊びを、富草でたこ揚げ大会
高森、喬木町村長選が告示、ともに予想の現職が立候補 雪の中で最後の交流、隠岐島と浪合の小中学生
喬木第一小4年1組が阿島傘の絵付けに挑戦

 喬木村の郷土産業だった和傘「阿島傘」作りに挑んでいる喬木第一小学校4年1組の28人が18日、傘の表面に絵を書き加える「絵付け」と呼ばれる作業を体験した。阿島傘の保存と伝承に取り組む「阿島傘の会」会長の小林武司さん(82)からアドバイスを受け、思いおもいに筆を走らせた。

 村の産業の歴史などを知る狙いで毎年4年生が取り組む。2―3人でグループを作り、今月初めに骨組に扇形の和紙を張る「大張り」を行いこの日に備えた。

 それぞれアイデアを出し合って自由にデザインし、和紙を張った直径1メートルほどの傘に下書き。水性の絵の具を使って色を付けた。

 村特産のイチゴや、村発足135周年に合わせて誕生したイメージキャラクター「ベリー&ゴー」などを画材にしたカラフルな作品も。古島菜生さん(9)は「出来上がりがとっても楽しみ」と言い、張り切っていた。1組の児童は21日に絵付けする。

 絵付けの作業が終わると阿島傘の会で仕上げをし、来年2月までには完成する見通し。小林会長は「伝統工芸を残していくため今後も協力していきたい」と話した。

 阿島傘は、江戸時代中期の1737(元文2)年に京都の旅人によって工法が伝わったとされる。戦後には約160戸、年間30万本が生産されていたものの、洋傘の普及などによって徐々に衰退、いまでは1戸のみだという。

  
飯田市民吹奏楽団が定期演奏会 県栄養士会がまちかど栄養相談
全国中学生ものづくり競技大会県大会地区予選開く 飯下建設組合が木工教室 ものづくりへ興味醸成
満蒙開拓平和記念館の中学生入館を補助 松本山雅が松川町にサッカースクール開校
飯島で県政タウンミーティング 県内初の「焼き芋焼酎」が完成
画家の吉川優さんが出前授業 高森で明大マンドリン倶楽部の演奏会
かわらんべジャガイモ植え 阿南高校の評議員と生徒会が懇談会開く
飯田交通少年団が安全教室で死角体験 阿南高で課題研究発表~商品開発で地域に貢献を~
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧