制服まとめ
「パティシエの妙技に歓声」下農高生が洋菓子作り学ぶ 「地域の住民と一緒に」阿南二中百人一首大会
育てたイモで焼酎造り、福祉施設と酒造会社が連携 天龍村 どんぐり学園の中学生がスギの製材に挑戦
新路線を地元ファンに、小沢亜貴子ディナーライブに200人 広島の瀬木さんを講師に松川中で平和学習会
12年ぶりに開く文楽飯田公演で龍江出身の鶴澤さん出演 清内路中 「伝説の合唱」を閉校式で
ふるさと就職ガイダンス、氷河期の学生ら決意の船出 長姫高3年
志望校へ熱意伝える、前期選抜に863人挑戦 高森のウッドエコチームが廃材代替でCO2削減を提案
「パティシエの妙技に歓声」下農高生が洋菓子作り学ぶ

 飯田下伊那菓子組合(黒田誠理事長)は23、24の両日、飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校食品化学科の生徒たちを対象にした菓子講習会を同校で開いた。同科の2年生計40人が半数ずつ参加し、プロから洋菓子づくりを学んだ。

 「菓子製造が盛んな土地柄を理解してもらい、少しでも菓子職人を志望するきっかけになれば」と企画し、ことしが19回目となる。同組合は市内の中学校へも菓子作りの実習会に訪れるなどして菓子製造の魅力をPRしている。

 23日の講習は「はと錦」(同市鼎一色)の原隆澄社長が講師を務め、生徒たちが直径約15センチのチョコレートムースケーキづくりに挑戦。午前にココア入りのスポンジケーキ、チョコレートムース、グラサージュショコラなどを仕込んでから、午後にそれぞれを合わせたり、装飾を施したりした。

 原社長がスポンジケーキへチョコレートを流しかけたり、ホイップを均等にのせたりの実演を披露するたびに、生徒たちからは「超おいしそう」「すごい」などの歓声が上がっていた。

 パティシエ(菓子職人)を目指している熊谷恵実さん(17)は「生地の泡立てなどが思っていた以上に難しく、失敗だらけだった。もっとうまくなって夢を実現させたい」と意気込み新たに。原社長は「1人でも多くの生徒に菓子職人を目指してもらえるとうれしい」と期待していた。

 24日は「船橋屋」と「欧風菓子 クドー」の菓子職人が講師を担い▽ブラウニー▽キャラメルプリン▽生チョコ―の製造法を伝えた。菓子講習会の一環として、2月2日に「飯田の半生菓子とコンビニ」と題した講演も予定している。

  
北部衛生事務組合と大鹿村が生ごみ処理共同化に向け研究開始 「路線バスの通学利用を」 根羽中で乗車体験会
阿南第一中生が茶摘み作業 北沢建設が大沢川へアマゴ放流
遠山郷でマラニック大会~雨にも負けず山坂走る 下條中1年生がグアム研修から帰村
「中京やすおか会」がふるさと訪問 飯田エフエムが工作教室 手作りラジオで生放送も
豊丘村が文部科学大臣表彰 平和のための信州・戦争展
「ふるさと就職の集い飯田2015」開催、55社と学生が面接会 人形劇フェスタ開幕 6日間で450ステージ
高森北小4年生が「天伯峡」で幼虫1000匹放流 竹宵まつり100万人のキャンドルナイトin南信州の実行委員会が総会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧