制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
「パティシエの妙技に歓声」下農高生が洋菓子作り学ぶ

 飯田下伊那菓子組合(黒田誠理事長)は23、24の両日、飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校食品化学科の生徒たちを対象にした菓子講習会を同校で開いた。同科の2年生計40人が半数ずつ参加し、プロから洋菓子づくりを学んだ。

 「菓子製造が盛んな土地柄を理解してもらい、少しでも菓子職人を志望するきっかけになれば」と企画し、ことしが19回目となる。同組合は市内の中学校へも菓子作りの実習会に訪れるなどして菓子製造の魅力をPRしている。

 23日の講習は「はと錦」(同市鼎一色)の原隆澄社長が講師を務め、生徒たちが直径約15センチのチョコレートムースケーキづくりに挑戦。午前にココア入りのスポンジケーキ、チョコレートムース、グラサージュショコラなどを仕込んでから、午後にそれぞれを合わせたり、装飾を施したりした。

 原社長がスポンジケーキへチョコレートを流しかけたり、ホイップを均等にのせたりの実演を披露するたびに、生徒たちからは「超おいしそう」「すごい」などの歓声が上がっていた。

 パティシエ(菓子職人)を目指している熊谷恵実さん(17)は「生地の泡立てなどが思っていた以上に難しく、失敗だらけだった。もっとうまくなって夢を実現させたい」と意気込み新たに。原社長は「1人でも多くの生徒に菓子職人を目指してもらえるとうれしい」と期待していた。

 24日は「船橋屋」と「欧風菓子 クドー」の菓子職人が講師を担い▽ブラウニー▽キャラメルプリン▽生チョコ―の製造法を伝えた。菓子講習会の一環として、2月2日に「飯田の半生菓子とコンビニ」と題した講演も予定している。

夏休み高校生サマーチャレンジの報告展
女性教員3人に校長抱きつく 送別会、セクハラで調査 : 京都新聞 感謝の気持ちと大切に使う決意
私大罰則強化、当面見送り 入学定員超是正で文科省 : 京都新聞 緑中学校区3チームが「少年野球緑大会」
寒天のまちづくり考える 茅野でフォーラム 夜桜ライトアップ
市庁舎整備事業 上久堅を皮切りに市民説明会始まる 飯田市
13歳に性的行為疑い小学校教諭逮捕 「付き合うつもり」 : 京都新聞 八日市国民学校を語ろう
「困難に立ち向かって」 伊藤下條村長が卒業生へ講話 喬木第一小で人権教室 「思いやりの心を大切に」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧