制服まとめ
高森のウッドエコチームが廃材代替でCO2削減を提案 泰阜村の山村留学生登り窯焚き
映画「沈まぬ太陽」を撮影した長沼さんと若松監督が来飯 加藤木さん主宰の「和力」が国際交流事業で東欧3国に派遣
飯伊8校で高校入試前期選抜の合格者発表 飯伊9高校の同窓会連絡協が情報交換
春風に誘われ健脚競う、天龍村梅花駅伝に800人余出場 飯田に太陽光発電所、来年2月稼働へ
「あじまっ鼓」が太鼓発表会開く 阿智高校で落書きや窓ガラス割られる被害
伊原五郎兵衛記念碑の移転が完了 下條村 迫真の演技で観衆魅了、子ども歌舞伎発表会
高森のウッドエコチームが廃材代替でCO2削減を提案

 高森町商工会内の「ウッド・エコプロジェクトチーム」は10日、木廃材を灯油に代わるエネルギーとして、町営の日帰り温泉施設「御大の館」と温泉宿泊施設「湯ケ洞」にバイオマス燃料ボイラーを導入するよう提案した。CO2の大幅削減も可能としており、熊谷元尋町長は「前向きに検討したい」と話した。

 エコプロジェクトチームは町内11の事業所らで構成。昨年2月に立ち上げ、先進地への視察などを繰り返し提案書をまとめた。

 この中で「バイオマスボイラーシステム」を提案した。町内の業者が自社焼却、または産業廃棄物としてコスト負担している木廃材を、灯油などに替わるエネルギーとして再利用する仕組み。エコプロジェクトチーム代表の今村彰吾さんは、CO2削減への効果も指摘した上で「環境を保全するシステムとして子孫にも残していくことが出来る」と強調した。

 福祉施設や小中学校といった公共施設への普及も考えており、それらに先駆け「御大の館」と、併設する「湯ケ洞」への導入を提案した。両施設では湯を沸かすための燃料として灯油を年間23万リットル使用する。プロジェクトチームの試算だと、うち90%以上を木質チップによる代替が可能とみており、燃料費も1000万円以上抑制できる。CO2の削減率は90・1%を見込む。

 両施設の北側にバイオマス専用のボイラー室を設置し、両施設に燃料を供給する計画。木質ボイラーなどの設備投資に1億円を見込むが、国の補助金を半額活用できる上、5年間で設備費を償却できる見通し。6年目から年間1000万円近く経費を削減できるという。

 湯ケ洞は92年に、御大の館は96年にオープンした。町によると、施設の老朽化が進んでおり、年度内をめどに「温泉施設検討委員会」を立ち上げて施設の改修、施設のあり方などについて検討する方針で、熊谷町長は「今回の提案を参考にしながら、施設の在り方、運営方法についてももう一度考えていきたい」と話した。

 エコプロジェクトチームは、木廃材だけでなく、将来的には果樹や園芸農家のせん定材、廃油、家庭ごみも燃料として取り入れたい―としている。

  
松川高校が開校50周年記念式典 龍江保育園児とJAつぼみが五平餅づくり
だいだらぼっちの小中学生が泰阜村役場訪問 飯田コアカレッジで卒業式開く
吉川さん保管の「虎之図」が春草作品と鑑定 飯田市の敬老祝賀 牧野市長が100歳迎えるお年寄り訪問
海外で異文化を体験、根羽村中学生が帰国報告 大鹿でリニア説明会 「理解なければ着工ない」
下條村文化の祭典開く 阿南高文化祭~成長への思い込め
伊賀良で80歳の盛人式開く 飯田長姫も歴史に区切り、あす最後の卒業式
旭ケ丘中で前庭の修繕作業 泰阜村で駅伝競走大会 10回節目で年々盛り上がる
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧