制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
泰阜村の山村留学生登り窯焚き

 泰阜村の山村留学「暮らしの学校だいだらぼっち」の子どもたちは12日夜、1年間のものづくり集大成となる登り窯焚きを始めた。14日朝まで36時間、子どもたちが交代で窯の火を見ながらまきを足していく。

 だいだらぼっちは1年間、山里の生活を体験しながら学校へ通う山村留学。今年度は15人の小中学生が学んでいる。暮らしの中からの学び、特にものづくりからの学びを大切にしている。

 陶芸は陶芸家の大越夫妻の指導のもと、自分の使う食器を作ったりと1学期から陶芸の基礎を体験。12月にも少し規模が小さい穴窯焚きにも挑戦した。

 登り窯は10日に火入れを行い、学校が休みになる週末は夜通し子どもたちが火を見る。グループに分け、4時間作業、8時間休みの交代制で、窯の火を見ながらまきを足したり、作業している人の食事を作ったりと全員で力をあわせた作業になる。

 作業には子どもたちやスタッフだけでなく、活動に共感する地域住民や保護者、軽井沢の自然教育団体など外部からも応援が訪れるという。

 埼玉県出身の泰阜南小5年、後藤江里奈さん(11)は「都会ではできないことばかり。この日のためにみんなで協力してきた」。3年間滞在し登り窯は3回目という泰阜中学3年の高橋宏和君(14)は「窯焚きは交代だけど、その時間をその人を信用して任せている。みんなで考え、人のことを気遣いながら1つになっていく。登り窯は1番大きく、大切な行事だ」と話していた。

広島の小中学生ら禎子さんしのぶ 原爆の子の像碑前祭 : 京都新聞 韓国から来日の元慰安婦が訴え 「死ぬ前に謝罪して」 : 京都新聞
大阪地震の住宅被害、2352棟 国交省はブロック塀を調査 : 京都新聞 【寄稿】滋賀県議会議員 今江 政彦
東近江市のキャップ回収運動 1年間で200万個突破 竜丘小5年生が稲刈り~地元農家の指導受けて~
飯田下伊那を巡回公演するふるさとコンサートがスタート 庁舎整備事業市民説明会
究極、3分間で全身運動 竜東4地区小学生が伝統文化学ぶ
情熱注ぎ功績光る 秋の褒章・叙勲 3日に発令 南信州狼煙リレー
友愛の輪広げ、福祉のまちづくり「第6回あかね福祉大会」 ひっ迫する県財政とレイクス支援(上)
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧