制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
小谷村小学生が高森町で交流

 県北部の小谷村の小学生10人が31、1日の両日、夏休みを利用して高森町を訪れ、キャンプを通じ高森の子どもたちと交流した。

 20年ほど前から続く恒例イベントだが、交流内容にキャンプを取り入れるのは初。そこで、子どもたちの提案でイベント名を「高森町、小谷村ふれあいキャンプ」と決め、山吹の山の寺キャンプ場を会場に行った。同町子ども会育成会連絡協議会が計画した。

 高森からは南、北両小学校の4―6年生28人が参加した。両町村の子どもたちが混ざって6つの班をつくり、初日は協力しながら夕食を準備したり肝試し、花火、キャンプファイヤーを楽しんだ。

 2日目は下市田の天竜川でウオーターチューブを体験。ライフジャケットとヘルメットを着用し、順番にチューブに乗って川を下った。水しぶきが勢いよくはね上がるたび歓声が上がり、小谷の矢口岳樹君(11)は「スリルがあって最高です」と満面の笑みだった。

 夏に高森、冬に小谷と互いに行き来しており、今年度高森は1月にスキー体験で訪れる予定という。

 小谷村育成会の平林哲夫会長(57)は「キャンプをするのが初めてという参加者が半数とあって、とても良い経験になった。今後も大切に続けていきたい」と話していた。

寸劇通し認知症の人への接し方学ぶ 湊小 学力向上へ児童に無料朝食、広島 廿日市市、県主導では全国初 : 京都新聞
【寄稿】滋賀県議会議員 木沢 成人 コラム凡語:ご近所大学 : 京都新聞
桜谷小に新遊具「ターザンロープ」など完成 住民の力で地域存続を、阿智村智里西で「未来考える会」
死亡女児の学校、授業再開 大阪北部地震、府内は小中通常に : 京都新聞 泳げる人も、にがてな人も挑戦「第11回 楽しく泳ごう会」
日野中学校で「給食試食会」調理師からの説明に驚き 小中連携・一貫教育
「自分たちでできることから踏み出そう」能登川高校3年生有志 永源寺図書館の隣に「やまびこ」開設
地域で見守る 自立への第一歩
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧