制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
飯田市街地でりんごん開く

 飯田市の市民まつり「第29回飯田まつり」(りんご並木の街飯田まつり協議会主催)は7日、市街地「丘の上」で開かれ、昼間の「ふれあいアップルタウン」、夜の「飯田りんごん」と多くの人出でにぎわった。ことしは夕方の雷雨もなく、約9400人が乾いた通りを練り歩き、約2万人の観客とともに丘の上を熱気で包み込んだ。

 昼間は知久町、銀座、中央通り、伝馬町の商店街を歩行者天国にした「ふれあいアップルタウン」が開かれ、射的ゲームや金魚すくい、宝投げなど各商店街が趣向を凝らした催しを実施したほか、和太鼓演奏やカラーガード隊、ダンスパフォーマンス、YOSAKOIダンスなどのイベントが会場を一層盛り上げた。

 スクランブル交差点で初陣を飾った飯田高校書道班は同交差点いっぱいの大紙を使った書道パフォーマンスを実施。多くの観客が見守るなか、1、2年生約20人は曲に合わせて書の美を表現すると、横前花澄部長(17)は「外での書道は初めてだったが、練習以上の力が出せた。楽しかった」と笑顔だった。

 夜のりんごんでは、牧野光朗飯田市長が「猛暑を吹き飛ばすようなりんごんにしよう」と声高らかに開始宣言すると、「りんごん りんごん ほいおいな」の曲にあわせ参加した136連が一斉に踊りをスタート。法被を着た可愛らしい子ども連から大人までが通りを埋め尽くし、威勢のいい掛け声と歓声が沿道に響きわたった。

 りんごん大賞を含む受賞連は次の通り。

 ▽大賞 丸山小6の1“元気本気根気連”▽コスチュー部門 追手町小学校4年~お練りバージョン~▽アレンジ部門 浜っ子フレンズ▽調和賞 NTTandTOSYSグループ、飯伊美容師会、長野ポーラ飯田エリア、K’z▽ハッスル賞 追手町小5年元気っ子、鼎小学校5の3―生Kenmyoz、森蔵連(SHINZO REN)

  
財務省、全文書は「確認できず」 地検に原本提出、森友問題 : 京都新聞 山折氏、フィゲレス氏「環境の殿堂」入り 特別賞はレモス氏 : 京都新聞
日本語ボランティア 養成講座 24日開講 SUWA小型ロケット 4号機は安全対策重視
震度7の大地震災害想定 日野町総合防災訓練 生徒会の日刊新聞「輝け」発行続けて6000号
第4回能登川ミニ駅伝 地元小学生が郷土を学ぶ 竹鼻商店街の心象絵図
京都の住宅被害407棟に 大阪北部地震 : 京都新聞 3校の仲間が一緒に よこね田んぼで田植え始まる
保健室の女児ら盗撮、元教諭に有罪 腕時計型やペン型カメラで : 京都新聞 下條小で「市田柿出前教室」 体験通じ応援隊に
聾話学校「存続を」 1万人分の署名、滋賀県教委に提出 : 京都新聞 森おこしは人おこし
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧