制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
人形芝居4座の中学生らがプロから所作を習う

 伊那谷に残る人形芝居4座の伝承に努める4中学の生徒らが一堂に会する「第9回 伊那谷伝統人形浄瑠璃中学生サミット」が5日、飯田市上郷黒田の黒田人形浄瑠璃伝承館で開かれた。4座の座員や中学生ら合わせて約100人が参加。本場の淡路人形座(兵庫県南あわじ市)からプロの座員3人を講師に招き、人形の歩き方や頭(かしら)の所作など直接指導を受けたほか、活動報告などで交流を深めた。

 参加したのは黒田人形(飯田市上郷黒田)を伝習する高陵中、今田人形(同市龍江)の竜峡中、早稲田人形(阿南町早稲田)の阿南第一中、古田人形(上伊那郡箕輪町)の箕輪中の、4つの中学校。毎年持ち回りで、ことしは高陵中が当番校となった。

 人形遣いでは男の足の動きがポイントとなる。出る方が4割、引く方は6割。特に引き足が重要で、引いた足は絶対に曲げないのが鉄則だ。淡路人形座の座員は、一回り大きいのが特徴とされる人形を実際に遣いながら「足遣いが頭(かしら)遣いの動きをある程度予測していく」などと、専門的な技術を伝授していた。

 生徒らに各人形を持たせ、グループごとに「移動」の指導をする場面では、座員が「頭を見てこの人形はどんな役なのかを考える。一番大事なのは立ったり、坐ったり、歩いたりの所作。あとは目線を合わせること」とアドバイス。生徒らは真剣な表情で、自分が遣う人形に動きを与えていた。

 指導の後、淡路人形座が特別に「伊達娘恋緋鹿子 お七火の見櫓の段」を実演。参加者らはプロの妙技に酔いしれた。昼食を挟んで高陵中の実演や、各学校の活動報告などがあった。

 授業や部活の時間に人形芝居にかかわる生徒らにとって、プロの指導を直接受けられるのは貴重な体験。伊那人形芝居保存協議会の柴登巳夫会長(66)は「どこの人形座でも後継者不足に悩んでいる。この中から地元の人形芝居を継続してくれるような人が、1人でも出てきてくれればうれしい」と話していた。

  
30日の党首討論を正式決定 森友・加計巡り論戦 : 京都新聞 高岡の森保存会がアジサイ定植
日野中1年 池田君 相撲全国大会出場 プロアーティストがコラボ 100年奏で続けた音色を披露
ドローンやEVの開発研究 京都学園大、永守理事長表明 : 京都新聞 国有地売却巡り新文書20件 森友問題、財務省が公表 : 京都新聞
女性初の海自護衛隊司令が着任 「非常に身の引き締まる思い」 : 京都新聞 大津市いじめ自殺問題 校長を減給10分の1処分
台風21号、滋賀県内死者2人に 飛来物に当たる? : 京都新聞 近江八幡市内8番目の単独施設「島こどもの家」完成
東近江交通安全子ども自転車大会 団体優勝 愛知川東小Aチーム
EXILE、教員に無償レッスン 福岡、小中校のダンス教育で : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧