制服まとめ
大森のお殿様「最上さん」を語る会

=6日 大森町公民館で開催=

◇東近江・八日市
 大森町公民館二階ホールで十一月六日、大森町の歴史と文化を考える会主催の歴史・文化探訪「大森のお殿様『最上さん』を語る会」が開かれる。
 最上氏は、家督を継ぐ際に騒動(一六一七年)が起き、領地没収後に国替えとなった出羽山形の藩主・最上義俊のことで、新しく領地とした近江に陣屋を構え、明治まで代々、旗本寄合衆として大森の地を治めた。陣屋が構えられた同町には現在、敷地後の玉緒小学校近くに石碑が建つだけだが、町内の長福寺に陣屋の玄関が移築され残っている。
 語る会では、市埋蔵文化財センター担当職員と同会の梅本茂左衛門相談役を講師に▽最上氏の全貌▽最上陣屋跡発掘調査結果の概要▽陣屋跡からの掘品遺物の紹介▽最上氏に由来する遺構、地名等▽最上藩の藩札「大森茶会所茶切符」の紹介▽現地見学―が行われる。時間は午前十時から正午まで。
 問い合わせは、大森町の歴史と文化を考える会・世話人の日永喜八さん(携帯090―5128―6186)。


サイト発端犯罪、小中高生6人被害 滋賀、17年上半期 : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧