制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
被災地支援体制を整備

=短期・長期で 近江八幡市=

◇東近江・近江八幡
 近江八幡市はこのほど、東北関東大震災の被災地への今後の支援体制を決めた。
 それによると、支援本部を市民部生活安全課に置き、支援活動を数カ月間の短期と五年程度の長期に区分して行う。
 短期的支援では、市民との協働による支援のあり方を協議する検討会議を近く開催、各公共施設での義援金募金活動、ボランティアの窓口を市社協に置くほか、給水・医療・応急危険度判定士の派遣など。
 長期的支援では、被災者受け入れ用に市営住宅の提供は十四日現在で十二戸を確保している。
 市民からの支援も続々届けられている。(株)日吉は水道水の消毒用に「次亜塩素酸ナトリウム」二十リットルタンク五十個、桐原学区まちづくり協議会が桐原まちづくりフェスティバルでの募金、馬淵小学校六年生が卒業式前に行った募金など。


自治刻刻 忘れてはならないこと
信玄公がつないだ縁 命日に栗の木を植樹 根羽村横旗
倉敷の避難所に紙筒と布の仕切り 建築家の坂茂さんらが設置 : 京都新聞 子どもたちを手助け 体験サポ募集
支援学校元校長ら書類送検、大分 給食死亡事故 : 京都新聞 小学校講師が絵具セットなど万引 容疑で逮捕、当初は無職と供述 : 京都新聞
てんびんの里ふれあい広場 来て!見て!集おう! あかねジュニアバンド
県内避難者から防災学ぶ オーナーが田植え体験
八日市日本語教室 ネット上の人権侵害2千件超 2017年、過去最高更新 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧