制服まとめ
新しい一歩ふみ出す、飯田ゆめみらい入学生21人

 学校法人コア学園(仲谷章市理事長)が運営する飯田ゆめみらいICTカレッジ(坂巻道弘学校長)の今年度入学式が8日、飯田市松尾明の同校であった。ITスペシャル学科7人、ITビジネス学科8人、IT医療事務学科3人、IT専攻科3人の総勢21人(昨年28人)が、それぞれの夢や希望を胸に新たなスタートを切った。

 東日本大震災の犠牲者に黙とうを捧げた後、仲谷理事長が「本校は地域の高度情報化の推進と人材育成を目的に公設民営で設立されて25年目。これまでに約800人が学び、地域で活躍している。昨年は職員の不祥事により多大なる迷惑と心配をおかけし申し訳ない。今後はコンプライアンスを徹底し信頼回復に努める。震災で学びたくても学べなくなった人が大勢いることを心にとめ、毎日学習できることに感謝し全力で学んでください」と告辞。

 入学許可に続いて、坂巻校長は「委託事業費の不正受給事件(係争中)を受け、3月の理事会で新理事長と事務長が決まり新たな体制を整えた。協賛会や地域の企業の力強い支援に感謝する。高い目標を掲げ自ら進んで学び、何事にもチャレンジして積極的に学んでほしい。自己の能力を最大限発揮し、各種資格取得に努力してもらいたい。学校の理念である人づくり、仕事づくり、まちづくりの決意を新たにしている」と式辞を述べた。

 来賓の丸山達也飯田市副市長、協賛会の柴田忠昭会長・飯田商工会議所会頭の祝辞に続いて、入学生代表の女子生徒(18)が「本校でしっかり学びます」と宣誓した。

力強い作品ずらり 信州書道展きょうまで
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧