制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
今年も37校・園に168鉢 入学・入園の花鉢贈る

=近江八幡市の三原さん夫妻=

今年も花を届けた三原さん(右)――近江八幡市役所で――

◇東近江・近江八幡
 毎年、入学式や入園式に合わせて花のプレゼントを行っている近江八幡市中村町の生花店経営、三原茂靖さん(68)と静江さん(66)夫妻が今年も四日、カランコエ百六十八鉢を市内三十七か所の小学校・幼稚園・保育所に贈った。
 平成十九年に八十九歳で亡くなった茂靖さんの母、綾子さんが、昭和四十六年に茂靖さんの長男で綾子さんの孫の康郎さん(現在四十歳)が保育園に入園したのを機会に、「緊張した子どもたちの気持ちをやわらげることができれば」と季節の花を贈ったのが始まりで、今年で四十一回目となる。十四年前から茂靖さん夫妻が後を引き継いだ。
 茂靖さんは「(東日本大震災で)改めてあたりまえのことをあたりまえにできる喜びを感じています」と、静江さんと二人で市役所西別館前駐車場まで花を届けた。
 花が届くのを待っていた福原快隆市教育長は、「毎年、すてきなプレゼントをありがとうございます」と、礼を述べた。
 この後、市教育委員会から各校・園に配分され、新入園・新入学の全五十六教室に三鉢ずつ飾られた。
 カランコエの花は少しずつ咲き始めており、黄色、オレンジ色、ピンク色、赤色などの花を二か月程度楽しむことができる。届けられた花が、教室や子どもたちの心を明るく彩る。


第10回歯ははフェスタと作品展 楽しく知ろう歯の健康 生態や対処クマ学ぶ 小学校でICT活用授業
25年度 県の歳入歳出決算 MIOびわこ滋賀 小学生家族を招待
川路小学校2年生が農業体験 根羽村 遊休農地の除草にヤギ活用 小学校でお披露目会
【寄稿】滋賀県議会議員 高木 健三 ガンバレ!滋賀学 2年連続センバツ出場
龍江小児童らが小梅を収穫 華やか雛飾り
入試の英語激変、現場に戸惑い 読む・聞くから話す・書くへ : 京都新聞 激しく舞って先祖を供養 「和合の念仏踊り」始まる 阿南町
高校生の就職試験で不適正質問 家族の職業や愛読書など… 中2自殺問題で国の全面支援
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧