制服まとめ
どんぐり学園が入学式、中高生10人迎える 「ブッポウソウ待ってるよ」児童が巣箱かけに挑戦
天龍村どんぐり学園 やまびこマーチ記念展で歩いて伊能図を体験
高森町出原の区有林で植樹祭 阿南町化石館が化石レプリカのストラップ販売
下久堅小放課後子ども教室の開講式 アンサンブル・ファンファール」が「はるコン。10」開く
東北のラガーマンに義援金 「子どもたちの祈り」被災地へ 阿南駅伝 一般の部優勝は「門原A」
オケ友音開幕「がんばろう日本!ともに未来を奏でよう」 グリーンウッドがGW合宿
どんぐり学園が入学式、中高生10人迎える

 天龍村向方の学校法人「どんぐり向方学園」(中野昌俊学園長)はこのほど、どんぐり向方中学校と天龍興譲高校の入学式を開いた。中学生4人、高校生6人を新たに迎え、新年度のスタートを切った。

 心に傷を負うなどして学校に行けなくなった都市部などの中高生を受け入れ、教育を実践している同校。「自ら動く子を目指して」を学校目標に掲げ、農業や林業、自然体験、地元住民との触れ合いなどを通じて「生きる力」の養成に努めている。

 この春、新たに門をくぐった新入生は中学1年生2人、2年生1人、3年生1人、高校生6人の計10人。

 式では中野校長が、同学園の教育目標を踏まえて「どんぐりで今までにない学園生活を送ることを目標にがんばってほしい」とあいさつ。来賓の大平巖天龍村長が「天龍村に来てもらい、“龍”の付くような人間を目指して」とエールを送った。

 入学生たちは終始緊張した面持ちだったが、先輩たちが「僕がここへ来た時もすごく不安だったので、分からないことや悩みがあれば何でも聞いてください」などと言葉を贈ると、安どの表情を浮かべる人もいた。

 新入生も含め、在校生たちは数年間を同校で学びながら羽根を癒し、卒業後は多くが地元に戻って進学している。

  
東京でふるさと就職面接会 売木村でトライアスロン合宿
松尾小と下農高生 緑中と西中の人形劇 合同講習で互いの活動に刺激
高森南小でお花見給食開く 高森町
再開3年目活気 南信濃の和田剣道クラブ 泰阜だいだらぼっち学生が村役場訪問
飯伊の小学生7校が環境活動を報告 夏本番に向け衣替えシーズン
高森南小4年生が市田柿作りに挑戦 飯伊県立7校で高校入試前期選抜
橋南公民館 山本で初の「キャンドル市」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧