制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
泰阜駅伝

 泰阜村駅伝競走大会は28日、同村平島田の村総合グラウンドで開いた。中学校の部活動や村内の地域、職場でつくる32チームが参加。あいにくの雨の中、小学生から70代までのチームがたすきをつないだ。結果は泰阜中学校野球部Aが優勝。2位は同校ソフトテニス部、3位は三耕地駅伝部となった。

 同大会は、村の一大イベントの「ふれあいの里高原ロードレース」を前に村の陸上競技への関心を高めようと始まり6回目。村体育協会の主催、村と公民館の共催で開催。初回は職場対抗だったが、2回目から村内の各地域のチームも参加。各職場、地域の親ぼくを深める機会になっている。

 年齢性別の制限はなく小学生から70歳を超える人、老若男女が混合のチームを結成。グラウンド周辺の1周1・5キロとし、5周7・5キロをつないだ。

 ことしも泰阜中学校生徒会が大会の準備や運営に学校を挙げて協力。大会長の熊谷正体育協会長は開会式で「あいにくの天候だが、泰阜村の元気でこれだけの人が集まった。健康に留意しながら頑張ってもらいたい」とあいさつ。選手としても参加した松島貞治村長は「村は被災地から3家族を受け入れているが新たに1家族加わって4家族になった。がんばろう日本でがんばろう」と呼びかけた。

学校・幼稚園のブロック塀86%で補修必要 京都市教委調査 : 京都新聞
「NAO ice OVAL」看板お披露目 小中生4人に1人が海外の経験 バンダイが調査、語学学校も : 京都新聞
市庁舎整備事業 上久堅を皮切りに市民説明会始まる 緑ケ丘中1年生が「地域めぐり」実施
古代近江の鉄生産地 瀬田で「まちづくり鉄サミット」
東近江の空に飛び立って100周年 高島屋のおもてなし、中学生学ぶ ゆかりの地、滋賀・高島 : 京都新聞
早寝早起き朝ごはん 文部科学大臣表彰
近江高校野球部に知事らがエール 地域で育てよう心豊かな「もみじっこ」永源寺青少年育成大会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧