制服まとめ
泰阜駅伝 阿南一中で生徒会伝統の茶摘み
阿南町で大阪の中学生が農家民宿 夏本番に向け衣替えシーズン
阿智高 天龍村鳥ブッポウソウ カメラ設置しモニター中継
大鹿でキッズ運動遊びどこでもゼミナール 5会場で竹宵まつり100万人のキャンドルナイト開く
飯田広域消防本部が耐火建物の消防訓練 丸山小2年生児童がサツマイモ苗植え体験
千代小児童らが河川清掃 中学総体下伊那大会開幕
泰阜駅伝

 泰阜村駅伝競走大会は28日、同村平島田の村総合グラウンドで開いた。中学校の部活動や村内の地域、職場でつくる32チームが参加。あいにくの雨の中、小学生から70代までのチームがたすきをつないだ。結果は泰阜中学校野球部Aが優勝。2位は同校ソフトテニス部、3位は三耕地駅伝部となった。

 同大会は、村の一大イベントの「ふれあいの里高原ロードレース」を前に村の陸上競技への関心を高めようと始まり6回目。村体育協会の主催、村と公民館の共催で開催。初回は職場対抗だったが、2回目から村内の各地域のチームも参加。各職場、地域の親ぼくを深める機会になっている。

 年齢性別の制限はなく小学生から70歳を超える人、老若男女が混合のチームを結成。グラウンド周辺の1周1・5キロとし、5周7・5キロをつないだ。

 ことしも泰阜中学校生徒会が大会の準備や運営に学校を挙げて協力。大会長の熊谷正体育協会長は開会式で「あいにくの天候だが、泰阜村の元気でこれだけの人が集まった。健康に留意しながら頑張ってもらいたい」とあいさつ。選手としても参加した松島貞治村長は「村は被災地から3家族を受け入れているが新たに1家族加わって4家族になった。がんばろう日本でがんばろう」と呼びかけた。

  
「下伊那の書展」開幕、多彩な200点を一堂に 座光寺小児童が植えたフジバカマにアサギマダラ
阿南署が峰竜太さんを一日警察署長に街頭啓発活動 阿南高校の評議員と生徒会が懇談会開く
龍江絆駅伝 31チームがたすきつなぐ 鼎でどっきどきスクール開く
「子どもの安全大人が守る」 飯田下伊那各地で学生が衣替え
阿南一中3年生 赤ちゃんとふれあい体験 NTT東日本が竜丘小でネット安全教室
4中学生が人形浄瑠璃サミット ひさかた和紙保存継承
地域資源の星を身近に 浪合でプラネタリウム作り 阿智村 大宮諏訪神社の秋季祭典開催
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧