制服まとめ
県立高校再編計画案 彦根東など3校の夜間定時制は廃止

=県内7会場で説明会 8月22日まで県民意見を募る=

◇全県
 県教育委員会は十二日、全日制の県立高校四十六校のうち、四校を二校に統廃合し、四十四校(分校含む)とする再編計画案を県議会の文教・警察常任委員会で報告した。県立高校の再編計画は昨年策定を目指していたが、県民の反発が強かったため一年、見送っていた。

彦根西・彦根翔陽、長浜・長浜北を統合
能登川に全日制・定時制を併置


 計画案は、社会の変化や生徒の多様化、進路状況の変化、生徒数の減少を受けて策定されたもの。
 統廃合するのは、彦根西高校と彦根翔陽高校を、長浜高校と長浜北高校をそれぞれ二校に統合して新設校とする(平成二十六年度〜)。
 また、信楽高校は甲南高校の分校化する(平成二十六年度〜)。
 定時制については、職業系専門学科の希望が減り、中途退学者や不登校経験のある生徒の学び直しの役割が高まっていることから、彦根東高校と彦根工業高校、長浜北星高校の定時制課程(夜間)を廃止し、新たに能登川高校に全日制と定時制(午後・夜間)を併置した総合単位制高校を設置する(平成二十六年度〜)。定時制の瀬田高校は瀬田工業高校と統合し、全日制と定時制を併置した工業学科として充実させる(同)。
 またノーマライゼーションの理念に基づく教育を推進するとして、石部高校、伊吹高校に養護学校高等部分教室、愛知高校に高等養護学校を併置する(平成二十五年度〜)。
 このほか、東近江地域の県立高校では、八日市南高校の小学科について、従来の農業技術科、食品流通科、緑地デザイン科を農業科、食品科、花緑デザイン科に改編(平成二十六年度〜)。八幡工業高校も機械科、電気科、情報電子科、建築科、環境化学科の五学科を機械科、電気科、環境化学科の三学科に改編する(同)。
 なお、県教委は原案をホームページで公表し、八月二十二日まで意見を募集する。提出は郵送かファックス、電子メール、県ホームページ内「しが受付サービス」で〒520―8577県教育委員会事務局教育総務課(ファックス077―528―4950、saihen@pref.shiga.lg.jp)へ。
 説明会は県内七会場で開く。日時、会場は次の通り。
 ▽七月三十日午後三時―同五時・コラボしが21(大津市)▽七月三十一日午前十時ー正午・ひこね燦パレス(彦根市)▽七月三十一日午後二時半―同四時半・長浜市民交流センター(長浜市)▽八月六日午前十時―正午・湖東信用金庫本店(東近江市)▽八月六日午後二時半―同四時半・サントピア水口(甲賀市)▽八月十三日午前十時―正午・栗東芸術文化会館さきら(栗東市)▽八月十三日午後三時―同五時・高島地域地場産業振興センター(高島市)。


竜王町9月議会 3億2千万円追加補正
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧