制服まとめ
丸山小学校が飯伊で最も早い終業式

 飯田市立丸山小学校(北澤正光校長、児童660人)は20日、体育館天井の改修工事のため、飯田下伊那地域で最も早く一学期の終業式を行った。期待に胸をふくらませて、児童らは夏休みを迎える。

 終業式では、3年生と6年生の児童代表が一学期にがんばったことについて発表。二学期の目標として「100点をたくさんとりたい」「人を傷付けないようにしたい」などと語った。

 北澤校長は、一学期の始業式で語った「前進」について取り上げ「苦手なこと、苦しいことに前進していく気持ちが心にあったと思う。一学期でみなさんが大きくなったと感じた。体だけでなく、心や頭の働きが立派になって前進したと思う」と話した。

 次に夏休み中に心掛けることとして▽安全▽やる気▽手伝い―を挙げ、事故や火の取り扱いの注意、宿題などの計画をやり抜くことを呼び掛けていた。

 終業式に続いて、夏休み中にコンクールやイベントに参加するクラブの壮行会が開かれた。

 飯田教育事務所によると、26、27日を中心に飯伊の各小中学校で終業式が行われる。二学期の始業式は8月18日の丸山小学校を皮切りに、19、22、24日に実施される。

京都の冬、上ルと気温下がるの本当? 児童と言い伝え検証 : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧