制服まとめ
山賊キャンプ農家と交流会 平和のための信州・戦争展
飯伊各地で成人式 飯田交通少年団が高齢者個別訪問で啓発
竜丘放課後子ども教室 囲碁ボールで異年齢交流 阿南町で早稲田人形芝居を上演
春草の「没後百年記念特別展」が開幕 「信州型事業仕分け」 必要か改善か議論活発
鳩ケ嶺八幡宮で秋季例大祭 川路地区で敬老会開く
泰阜村だいだらぼっちが福島県の児童へ贈る米を袋詰め 竜峡中生徒が菱田春草特別展を鑑賞
山賊キャンプ農家と交流会

 泰阜村の「信州こども山賊キャンプ」で、全国から訪れている子どもたちと、キャンプに野菜を提供する地元農家との交流会が12日、同村田本の暮らしの学校だいだらぼっちで開かれた。子どもたちは山間での野菜づくりや畑づくりの話を聞き、食べ物や農家への感謝の気持ちを学んだ。

 同キャンプは期間中全国から1000人以上の子どもが訪れ、1万6000食以上の食材が必要になる。主催するグリーンウッド自然体験教育センターは「地元の安全な食材を提供したい」と地元農家と契約し、野菜の9割を地元産でまかなう。また、地元住民との交流を兼ねて、契約農家との交流会も毎年、開催している。

 今回は農家を代表し、キュウリやナス、ニラなどを提供している万場の宮入良夫さん(70)が訪問。10泊のスーパーコースに参加した子ども23人と交流した。同コースには福島県からの児童も加わっている。

 「うちのキュウリはトマトと同じくらいの糖度があるんだよ」と宮入さん。畑に移す前に厳しい環境にしておくと畑に移してからしっかりと成長することを紹介。また、土地の少ない泰阜村で構造改善事業に取り組み、山を削って畑にし、長い年月を掛けて土作りをしたことを語り「皆も小さいうちに大変な経験をして、大事に手を掛けて育てられている。頭も体もいろんなことを吸収して大きくなってほしい」と呼び掛けた。

 宮入さんは福島県から参加した児童50人分の土産用野菜も用意。泰阜村の「ぜいたくトマト」をはじめ珍しい野菜をセットにし福島県へ帰る際に渡している。

  
飯田市の消防出初め式開く ヌーベルファームのパイプハウス来月稼働 泰阜村
リニア見据えた地域づくり講演会開く 豊橋、浜松、飯田の架け橋に 三遠南信の中学生が交流
下久堅小 「ひさかた和紙」で卒業証書作成 OIDE長姫生が中学生に英語披露
阿南8強に一番乗り~飯伊少年野球選手権開幕 天龍中がプール開き
オケ友企画・にこにこステージ音楽祭 上村小と松尾小が交流学習
「わたしたちの阿南町」10年ぶりに改訂 社会科地域学習資料 龍江の今田平でイチゴ狩り始まる
飯田コアカレッジ学生がパソコン教室開講 田植えに悲鳴と歓声 今田平で体験旅行生受入始まる
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧