制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
山賊キャンプ農家と交流会

 泰阜村の「信州こども山賊キャンプ」で、全国から訪れている子どもたちと、キャンプに野菜を提供する地元農家との交流会が12日、同村田本の暮らしの学校だいだらぼっちで開かれた。子どもたちは山間での野菜づくりや畑づくりの話を聞き、食べ物や農家への感謝の気持ちを学んだ。

 同キャンプは期間中全国から1000人以上の子どもが訪れ、1万6000食以上の食材が必要になる。主催するグリーンウッド自然体験教育センターは「地元の安全な食材を提供したい」と地元農家と契約し、野菜の9割を地元産でまかなう。また、地元住民との交流を兼ねて、契約農家との交流会も毎年、開催している。

 今回は農家を代表し、キュウリやナス、ニラなどを提供している万場の宮入良夫さん(70)が訪問。10泊のスーパーコースに参加した子ども23人と交流した。同コースには福島県からの児童も加わっている。

 「うちのキュウリはトマトと同じくらいの糖度があるんだよ」と宮入さん。畑に移す前に厳しい環境にしておくと畑に移してからしっかりと成長することを紹介。また、土地の少ない泰阜村で構造改善事業に取り組み、山を削って畑にし、長い年月を掛けて土作りをしたことを語り「皆も小さいうちに大変な経験をして、大事に手を掛けて育てられている。頭も体もいろんなことを吸収して大きくなってほしい」と呼び掛けた。

 宮入さんは福島県から参加した児童50人分の土産用野菜も用意。泰阜村の「ぜいたくトマト」をはじめ珍しい野菜をセットにし福島県へ帰る際に渡している。

県建設産業団体連合会が全面協力 京都・城陽市教育長らが授業照会 府立高の主権者教育めぐり : 京都新聞
阿智高1年生がツツジ植樹~花に囲まれた学校を~ 浪合小学校で終業式開く
MOA美術館八日市児童作品展 竜王町ビーチボール親善大会 県内外から90チーム出場
首相、加計理事長との面会否定 野党、愛媛県文書との矛盾追及 : 京都新聞 停電時に安全確保を 台風1カ月で京都・乙訓の住民ら : 京都新聞
飯田東中1年 「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット : 京都新聞
地球を守る工夫始めよう! 桜谷小の「豊かな学び講座」 蒲生地区青少年育成大会
くらしのセミナーでスマートフォン学ぶ 危険予知と安全対策を学ぶ 体験交流型旅行協議会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧