制服まとめ
台風15号 南・西部を中心に大雨

 強い台風15号は21日午後に飯田下伊那地域に最接近し、全域が大雨となった。南部や西部の山間地では一時、集中的に雨が降り、飯田市上村や南信濃では避難勧告が出されて住民らが近くの公民館などに身を寄せた。倒木や崩落などで複数の道路が通行止めとなったほか、松川町や売木、泰阜村では住宅の一部損壊の被害も発生した。22日正午現在、人的被害の報告はない。

 台風は15日午後2時ごろ静岡県浜松市に上陸。飯伊の南を中心が通過する形で北東に進んだ。

 飯伊では全域で大雨となり、南部、西部の山沿いでまとまった雨が降った。

 降り始めからの累積雨量は飯田市南信濃森山で341ミリ、阿智村二ノ又で300ミリ、根羽村で296ミリ、平谷村十六方で293ミリに達した。

 市は上村、南信濃の一部地域193世帯425人に避難勧告を出し、住民が4つの集会場に身を寄せたが、午後6時半に解除。天龍村平岡などで増水を懸念した住民が自主避難をした。

 住宅被害は泰阜村の2棟、売木村の1棟、松川町の非住家1棟で発生し、いずれも一部が破損。売木村旭地区では1棟が床下浸水した。

 倒木などの影響で飯伊9市町村の一部地域約850戸で停電が発生。阿南町長島の10戸、天龍村向方の10戸、同長島の10戸、泰阜村梨久保の20戸、同二軒屋の10戸で同現在も停電が続いている。大鹿村大河原や高森町の18戸が断水したが、いずれも復旧している。

 飯田市や県下伊那地方事務所のまとめによると、道路関係は国道152号線と418号線、県道上飯田飯田線、天竜峡停車場下平線、阿南根羽線、下條米川飯田線、粟野御供線などで倒木や崩落があった。復旧も進んでいるが、同現在まで国道418号線の天龍村おきよめの湯―早木戸間など天龍村や阿南町、飯田市南信濃の一部路線が現在も通行止めとなっている。

 JR飯田線は点検のため、22日午前も新城―天竜峡駅間での運転を見合わせている。中央高速バスは同現在までにすべての路線が通常運行に戻った。天龍村の村営バスは22日も終日運休している。

 台風の影響で、飯伊では21日小学校21校、中学校12校が授業を短縮した。

 飯田では高羽町の観測所で最大瞬間風速23・8メートルの強風も観測。風に煽られて出荷期を迎えているリンゴやナシが落下する被害も発生しており、地事所農政課やJAみなみ信州は被害状況の把握を急いでいる。

大津いじめ「いじめに苦しんでいる子どもたち、死なないで」
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧