制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
阿智中で「村長と語る会」開く

 阿智村の阿智中学校で9日、「岡庭村長さんと語る会」が社会科学習の一環として開かれ、3年生84人が財政や人口問題などについて「一般質問」した。

 村政や地域づくりに関心を持つきっかけとするほか、中学生の思いを施策に反映してもらおう―と毎年行っている取り組み。以前は模擬議会として開いていたが、気軽に意見交換できるよう現在の形式とした。

 生徒たちは歳入と歳出、村税の滞納状況と村の対応、人口減少問題と「元気な集落」の具体像、健診率の低さと対策、防災対策、観光施策の今後、旧3村の融和策などについて、素朴で鋭い視点から質問を重ね、村長の考えを聞いた。

 村長は「実践的な防災訓練をどの地区でもするよう進めていきたい」「昼神温泉は東京へのPR効果が表れ、首都圏からお客さんが来るようになった。サービスとふれあい、魅力を高めるほか、村全体を見てもらえる観光も進めていきたい」などと応じた。

 男子生徒は「財政や健康などについて分かりやすく説明してもらい、村のことをもっと知りたくなった」と話していた。

  
「ちびっ子消防広場」 中3自殺調査に「いじめ」文言なく 学校アンケ、遺族側が疑問 : 京都新聞
喬木第一小4年生が阿島傘の絵付けを体験 松川町で巡回ラジオ体操
飯田と台湾の人形劇交流30周年記念展 阿智村とビクセンが望遠鏡を安価で提供
ルビノ京都堀川、飲食営業を再開 修学旅行生搬送で自粛 : 京都新聞 高校卒業者 就職内定率
【寄稿】日野町長 藤澤 直広 座光寺麻績の館で子ども桜ガイドの学習会
多文化共生を考えるフォーラム開く 伊那バスの新山線廃止へ 利用者少なく
平安装束に身包み あいの土山斎王群行 「長岡京ご膳」など3チーム代表に 京都でコンテスト予選 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧