制服まとめ
あざれあで伊勢市との物産交流、本場の海産物が好評 上郷小6年2組ギネスに挑戦
飯田市 松尾の文化芸能にぎわう SBCラジオ生中継も
前期選抜 飯伊8校に680人挑戦 「龍江かるた」で地域を学習
阿智村はゝき木館 明治―昭和の懐かしい本展示 就職ガイダンス 古里の企業と個別面談
山本地区で「キッズ山本大作戦」開催 天龍村で梅花駅伝開く
下伊那教育音楽研究会が発表演奏会開く ゆめみらい校が校名を変更
あざれあで伊勢市との物産交流、本場の海産物が好評

 飯田市龍江の天龍峡農産物直売所あざれあで4日、伊勢市二見町から民話の駅「蘇民」の組合員が訪れ、大アサリやサザエ、カキ、ワカメなどの海産物の販売を行った。訪れた人々は本場の海の幸を大量に求めて、大アサリなどは開始早々売り切れるほどのにぎわいだった。

 飯田市と伊勢市は小学校間での交流を続けてきたが、物産交流は今年度から開始。昨年11月に蘇民で開催された11周年イベントであざれあからリンゴを持参して販売。今回は初めて蘇民からあざれあを訪れ、海産物などの販売が行われた。

 会場には、新鮮な海産物や干物がずらり。ワカメやカキなどの試食もあり、訪れた人々は本場の海の味に舌鼓。中には両手に抱えきれないほどの物産を購入していく人もあった。

 また、伊勢戦国時代村のキャラクター「ニャンまげ」や南京玉すだれも登場。雪の舞う肌寒い天候だったものの、子どもからお年寄りまで大勢の人でにぎわった。

 今回物産販売を行った蘇民は、伊勢市二見町の直売所。近くに約4万株の花ショウブ園があり、6月ごろには数万人の観光客が訪れる。蘇民の岡島芳治副組合長は「伊勢へ来ていただいた際は本場のリンゴが好評だった。飯田では海のものを喜んでくれる。これをきっかけに交流を深めていければ」と話していた。

  
飯田市の消防出初め式 地域の宝を伝えよう 「伊賀良秘密めぐりマップ」作成
SOプログラムの小学生フロアホッケー交流会 お練りに向け橋北屋台囃子がお披露目
県内外のゆるキャラ集合 りんご並木 来場者とふれあい 飯伊警備防犯協が通学路パトロール プロの視点でチェック
大鹿でリニア説明会 「理解なければ着工ない」
飯田西中2年2組が公開授業 親子90人が魚つかみ 塩沢川で恒例の体験教室 飯田市下久堅
オーケストラと友に音楽祭が閉幕 ひさかた和紙保存継承
明大野球部、守備や打撃の基本を指導 高森で島岡野球教室 来年の再会を約しオケ友音楽祭が閉幕
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧