制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
あざれあで伊勢市との物産交流、本場の海産物が好評

 飯田市龍江の天龍峡農産物直売所あざれあで4日、伊勢市二見町から民話の駅「蘇民」の組合員が訪れ、大アサリやサザエ、カキ、ワカメなどの海産物の販売を行った。訪れた人々は本場の海の幸を大量に求めて、大アサリなどは開始早々売り切れるほどのにぎわいだった。

 飯田市と伊勢市は小学校間での交流を続けてきたが、物産交流は今年度から開始。昨年11月に蘇民で開催された11周年イベントであざれあからリンゴを持参して販売。今回は初めて蘇民からあざれあを訪れ、海産物などの販売が行われた。

 会場には、新鮮な海産物や干物がずらり。ワカメやカキなどの試食もあり、訪れた人々は本場の海の味に舌鼓。中には両手に抱えきれないほどの物産を購入していく人もあった。

 また、伊勢戦国時代村のキャラクター「ニャンまげ」や南京玉すだれも登場。雪の舞う肌寒い天候だったものの、子どもからお年寄りまで大勢の人でにぎわった。

 今回物産販売を行った蘇民は、伊勢市二見町の直売所。近くに約4万株の花ショウブ園があり、6月ごろには数万人の観光客が訪れる。蘇民の岡島芳治副組合長は「伊勢へ来ていただいた際は本場のリンゴが好評だった。飯田では海のものを喜んでくれる。これをきっかけに交流を深めていければ」と話していた。

森友記録廃棄を麻生氏陳謝 公明幹事長が責任論言及 : 京都新聞 【寄稿】滋賀県議会議員 井阪 尚司
政府、通学路ブロック塀対策急ぐ 大阪地震、小4女児死亡を受け : 京都新聞 ロケットに夢を託し 6年生が卒業記念に発射 千代小と千栄小
泰阜村立学校美術館で企画展 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
下農の古内さんが総文弁論部門で優秀賞 幻の戦前児童誌、原画百点を発見 1932年創刊「カシコイ」 : 京都新聞
県基本構想審議会が答申 滋賀発の新しい豊かさ実現 公共施設 シンドラー製、県内24基
高森南小4年生が市田柿作りに挑戦 思い出・夢・希望を表現 能登川中学校卒業記念展
「飯伊にセンター試験会場を」 南信州広域連合が陳情書 来春入園の幼稚園児
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧