制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
市公民館コーラスグループ発表会

 飯田市公民館の第36回コーラスグループ発表会(同館、実行委員会主催)が26日、吾妻町の同館で開かれ、各地区で活躍する18グループの363人が日頃の練習の成果を披露した。

 開会式で池田祐子実行委員長は東日本大震災に触れ、「東北まで合唱を響かせよう」とあいさつ。各グループは地域での活躍ぶりをうかがわせる歌声で、意識の高揚を図る呼び掛けに応じていた。

 このうち山本小学校PTAコーラスと山本コーラスは、抑揚とスタッカートを効かせた「親知らず子知らず」と迫力のある「ハレルヤ」を、親子を含む男女32人で発表。上郷の女性グループ「フラウエンコール・サザンウィンドウ」は、新調したばかりの衣装で「瑠璃色の地球」など3曲を歌った。

 池田委員長は「例年のように盛大に開け、全体的に歌と団結力に進歩があったように思う。来場者や出演者から『とてもいい大会だった』という声が多く寄せられた」と振り返った。

 プログラムには全体合唱も盛り込み、開会式には「公民館の歌」、合間には「花」、閉会式には「今日の日はさようなら」を全グループと来場者で歌った。

「みそ作り体験館」オープン ハナマルキ 愛鼎地区ワンデーマーチに500人~地元をめぐって郷土を~
ソフトめんレシピのアイデア競う 滋賀でコンテスト : 京都新聞 勤務先中学トイレに盗撮カメラ設置 容疑で教諭逮捕 : 京都新聞
学童クラブへ活用案 茅野のみどりケ丘保育園 八日市調理師会がプロの技伝授
命を育てる体験学習 阿智第三小がニジマス放流 電気いつに…台風停電、京都延べ16万戸 懐中電灯で不安な夕食 : 京都新聞
飯伊各地でお盆の成人式、大人としての第一歩を 千代小学校で琴の演奏
棟梁をめざし検定試験に挑む 子ども食堂 実践者の交流会
立命館びわこ・くさつキャンパス 兵庫小5女児自殺、いじめが原因 「学校対応不十分」と第三者委 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧