制服まとめ
下條中学吹奏学部の3人が県代表 上郷小6年生が琴の演奏に初挑戦
ササユリ咲く山目指し 川路小が里山整備作業 「困難に立ち向かって」 伊藤下條村長が卒業生へ講話
「清内路に私立小中校を」 教育団体が地元で説明会 飯田女子短大卒業式 251人が学びや巣立つ
公立高校入試後期選抜の合格者発表 下條中1年生がグアム研修へ出発
牧野市長が南相馬の元避難者を訪問 座光寺麻績の館で子ども桜ガイドの学習会
飯田市初の高校生国際交流 12人中国へ出発 上郷考古博物館 「古代のお金をつくってみよう」
下條中学吹奏学部の3人が県代表

 下條中学校吹奏学部の打楽器アンサンブル3人が29日、愛知県豊田市で開く中日個人重奏コンテストに県代表として参加する。同コンテストで打楽器アンサンブルで出演するのは下條中のみ。またメンバーの1人は翌30日に東京文京区で開く日本ジュニア管打楽器コンクールにパーカション(ティンパニー)のソロで出演する。

 同アンサンブルのメンバー3人。下條村の民話を題材にした自作曲「夜の狐の祭」を昨年10月から練習してきた。

 初めての自作曲で、参考音源もないまま始めた練習。3人で曲のイメージを広げながら作り上げていった。途中でアクシデントがあり、出来が落ちることも。さまざまな困難を乗り越えて、独創的で迫力のある自慢の打楽器曲を作り上げ、2月に開かれた同コンテストの県大会で金賞。本大会に唯一の打楽器で参加する。

 ソロで全国大会へ出場する男子生徒は、アンサンブル練習に加え休日などにソロの練習を続けてきた。「大きな大会では小さいうちから音楽をやってきた人たちも多い。ぼくたちは部活でやってきた。負けないよう下條魂を見せつけたい」と意気込む。

 講師でプロ奏者の渡辺光さんは「個人やアンサンブルは冬の時期だけ。意欲ある子たちにさらに伸びてもらいたい」と話していた。

  
阿智村のます池でスケート 泰阜にアサギマダラが飛来 10月に初のマーキング会
飯伊各地で衣替え 泰阜村で冬の山賊キャンプ
喬木中2年生が農業体験学習 上郷公民館改築で安全祈願祭
下農生が南信州キャンペーン参加 天龍中で特産加工品づくり 梅花駅伝でおもてなし
神稲建設が社員子育て応援宣言登録 SOプログラムの小学生フロアホッケー交流会
喬木第一小が阿島傘作り 慎重に和紙張り付け 下伊那農高果樹班がナシの燻蒸作業
飯田市の消防出初め式開く 「一番の尊い遺品になった」 軍事郵便が遺族の元に 飯田市川路で発見
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧