制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
集まれ!志ある未来の教師

=県教委「教師塾」受講募集=

◇全県
 滋賀県教育委員会は、県内の公立小中学校の教員志望者を対象に、「滋賀の教師塾」の受講生を募集している。
 同講座は、教職の使命と職責の重要性を自覚しつつ、高い「志」と教職に向かっての「実践力」を自らのものにしようとする教員を育成することを目的とする。
 平成十九年度の開講以来、卒塾した六百五十三人のうち、五三・六%に当たる三百五十人が教員採用試験に合格している。
 通塾期間は平成二十四年十月六日から同二十五年六月二十二日までで、コースは、小学校または中学校の普通免許取得見込みの大学生・大学院生・通信制大学生、同免許を有する社会人(教職経験者除く)対象の「スタンダードコース」(定員百六十人程度)と、今年度の県内公立校臨時・非常勤講師(六月三十日現在、任用が総計六年未満)対象の「アドバンスコース」(定員四十人程度)の二コース。
 「スタンダードコース」の内容は、(1)必修講座=講演と講義、演習、パネルディスカッション、グループ討議など十五回、(2)選択講座=県教委および県施設主催の事業、県総合教育センター開設講座、県主催文化芸術体験事業のうちから三つを選択受講、(3)学校実地研修=スクールサポーター事業などで授業や学級活動の補助を十日間体験する。
 「アドバンスコース」は、(1)必修講座=とくに実践的指導力の向上に主眼をおいた内容を七回受講、(2)選択講座のうち教育に関する見識を広め深めるため三講座を選択して受講する。
 年間受講料は、スタンダード一万五千円、アドバンスコース七千円。
 パンフレットと出願書類の配布は、二十五日から県庁の県民サロン、県庁本館および新館受付、県教委教職員課、各市町教育委員会、各県税事務所(各合同庁舎内)、米原文化産業交流会館などで行っている。
 このほか、滋賀大学教育学部、県立大学、びわこ成蹊スポーツ大学、聖泉大学、立命館大学、びわこ学院大学、龍谷大学、その他の近隣大学などにも配付する。滋賀県ウェブページからも入手できる。
 受講希望者は、出願書に必要事項を記入し、六月二十五日から八月八日までに〒520―8577大津市京町四丁目一―一、県教育委員会事務局教職員課内「滋賀の教師塾」事務局(TEL077―528―4534、4544)へ郵送する。応募者多数の場合は書類選考により入塾者を決定する。


OIDE定時制 最後の旧校入学生卒業 科学甲子園7度目、対策に余念なし 滋賀・膳所高 : 京都新聞
琵琶湖を身近に感じて!「びわ湖環境フェスタ2012」 学校の防災教育考える 諏訪季節大学会講座
安心できる明るいまちへ 地域安全・暴力追放推進大会 性の問題、講演や絵本で向き合う 滋賀の女性が活動 : 京都新聞
京都市が西京2地区に避難指示 日吉ダム放流で桂川氾濫の恐れ : 京都新聞
京都府、小中男女とも全国平均下回る 全国体力テスト : 京都新聞 戦時や平和をテーマに 愛東地区民の作品展
佐川氏、決裁文書改ざん不起訴へ 財務省側背任容疑も困難か : 京都新聞 下伊那農業高校で中学生体験入学
インターン受け入れ企業を募る 即戦力へ「実学重視」の大学 役割変化、期待と危惧 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧