制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
県教委の県立高校再編計画 長浜市検討委員会が提言書

=藤井市長「来年度の再編見送りを」=

河原県教育長と意見交換する藤井長浜市長(左)、大石検討委員長(左から2人目)

◇全県
 生徒数の減少を理由に県立の長浜北高校と長浜高校の統廃合などが盛り込まれた県立高校再編計画案(昨年七月発表)について、長浜市検討委員会の大石眞委員長(京都大学大学院教授)は十二日、住民意見に配慮した計画づくりを進めるよう提言した「再編手続きに関する提言」を嘉田由紀子知事と河原恵県教育長に手渡した。
 長浜市は、県教委の高校再編計画に対して地元への説明不足を指摘し、「長浜の未来を拓く教育検討委員会」を設置。七回の会議やアンケート、フォーラムを通じて住民意見を反映した提言をまとめた。
 内容は、(1)滋賀の明日を創る未来志向型の高校教育ビジョン(2)県民本位の視点に立った計画策定手続き(3)拙速を避けた慎重かつ丁寧な計画づくり―が三本柱となっている。
 教育長と意見交換した大石委員長は「住民の意見を反映するにはまだまだ相応の時間が必要。あらためて第二の提言を行いたい」と伝えた。
 また、藤井勇治市長は慎重な策定を行うため「県教育委員会は、進学準備を進めている中学三年生に配慮して、来年度の再編はないと六月中に明言した方が、学校現場の混乱を避けられる」「県教委も長浜市のように専門家による検討委員会を設けるべき」と述べた。


国宝の大浦天主堂でミサ厳かに 「信徒発見」から153年 : 京都新聞
気軽に学べる放送大学 10月入学の2学期生 全国交通安全運動スタート 交通死亡事故ゼロへ
米軍は良き隣人でないと沖縄知事 ヘリコプターの学校上空飛行で : 京都新聞 山本小学校で2学期の始業式
夢かなえ隊が園児らに田植え体験 保育事業者設置・運営事業者
「伏見工」最後の卒業生が研究発表 京都、思い出の校舎で : 京都新聞 泰阜中3年生が乳幼児の成長過程学ぶ
東近江から数組が全国大会へ 若き隊員150人が鍛錬披露 滋賀県女性防火クラブ連絡協議会 災害時「あなたならどうする」
園児に東京藝大生が指導 伊那市デザインP 6月30日 琵琶湖周航の歌 100周年記念
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧