制服まとめ
大下条小でペットボトルボート制作 松川で水生生物観察会開く
飯田市でスローライフまちづくり全国都市会議 JA女性部三穂支部が地域活性化イベント開く
第17回童唱まつり 松尾代田で寺子屋始まる
高森町 2万羽に願い込め中学生らが折り鶴つなぐ よこね田んぼで案山子コンテスト~五輪にちなんだ作品も
夏休み地元産業見学ツアー~身近な企業の魅力体感 人形劇フェスタが開幕 「いまここだけの場を大切に」
ロンドン五輪 カヌーの矢沢決勝9位、日本勢初の快挙 松川高美術部が壁画制作
大下条小でペットボトルボート制作

 阿南町立大下条小学校2年生は19日、参観日にあわせ、ペットボトルを材料に親子で制作したボートをプールに浮かべた。予想以上に頑丈なボートになり、クラス19人全員が乗っても沈まないほど。訪れた保護者たちも子どもたちの挑戦に目を細めていた。

 同学年は児童の発案でペットボトルでのボート作りを計画。大量に2リットルペットボトルが必要なことから、ポスターを制作し全校から募ったほか、商店などに掲示して町内全域から協力を募った。新野の千石平ロードレースの給水所で使った空のペットボトルも提供されたという。

 集まったペットボトルは400個余り。児童たちは2―4個ずつまとめてブロックを作り、親子のレクレーションを利用して保護者と一緒にボートの形に仕上げた。大きさは幅1・5メートル、長さ3メートルほど。手作りのオールやフライパンのいかり、帆などを加えて完成させた。

 児童たちはボートがプールに浮かぶと歓声を上げて大喜び。6―8人ずつ乗り込んで「前へ進め」「右に曲がれ」などと合図に合わせてオールをこぎ、プールを一周。どのくらい人が乗れるか試したところ、19人のクラス全員が乗っても大丈夫だった。

 保護者代表の女性は「子どもたちが一生懸命ペットボトルを集めていた。つくりが心配だったけどこんなにしっかりできるなんて」と驚いた様子。同校の教頭は「児童が自分たちで目標を掲げ、全校や町内、保護者へ協力の輪を広げて実現させた。舟をつくることを通じていろんな学びがあった」と話していた。

  
泰阜中で村長指導の弓道授業 飯田西中2年生が乳幼児の親子と交流
愛知県豊山中生徒が阿智でスキー合宿 OIDE長姫生がプログラム学ぶ
警備員が通学路パトロール 飯田署と合同で 飯田商議所がりんご並木写生大会
中学人形劇クラブが合同でプロから指導 東京の中学生が田植え体験 今田平 農業の厳しさと喜び学ぶ 
南信州高森ベースボールクラブが発足 少年野球の力を結集 楽しみながらCOT体験、飯田市で親子向けに教室
下農高と東中生徒がりんご並木で定植作業 踊り場に掛かる「残照」 「山の日」に福与悦夫を思う
清内路小の参観日に相撲大会開く リニア見据えた地域づくり講演会開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧