制服まとめ
危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ 地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会
「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり 学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳
「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり 31日まで 廣島愛川書作展
「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定 「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定
児童らが地元を取材 たくさんある文化知って! 若手技能者が入賞を報告
中2自殺 県内市町の教育委員会

=いじめ対応の現状・課題を協議 大津市教委、今後の方針報告=

県庁で開かれた緊急対策会議

◇全県
 いじめから子どもを守るための緊急対策会議がこのほど、県庁で開かれ、県教育委員会と各市町教育委員会、小・中・高校の校長(協)会の各会長が対応の現状、課題について協議した。
 この中で大津市教育委員会は、昨年十月に自宅マンションから飛び降り、亡くなった市立中学二年生の男子生徒について「いじめが要因の一つと考えている」と因果関係を認め、今後、県警の捜査や市設置予定の第三者委員会などで明らかになっていくとした。
 また、反省点として、「いじめを早期発見、対応できなかった」と話し、「事後調査が学校主体で行われ、結果として不十分だった。市教育委員会が主体になって実施すべきだった」と悔やんだ。
 今後の課題として、市教育委員会内に対策検討委員会を設置し、▽いじめ防止の指導見直し▽マニュアルの確認▽事後調査のあり方の検証▽校内組織の見直し―を挙げた。


官邸が改ざん早期把握で野党攻勢 菅氏反論「問題ない」、森友問題 : 京都新聞
ニゴロブナ 「大きく育ってね」
八日市が県候補校に 東中野と建部で歩道橋の撤去
給食費を着服「養育費に充てた」 小学校事務職員を免職 : 京都新聞 児童文学作家の宮川ひろさん死去 「るすばん先生」 : 京都新聞
愛媛・大洲でダム放流説明会 住民「なぜ柔軟対応しない」 : 京都新聞
非行や犯罪被害の早期解決に「三者連携会議」を初開催 MOA美術館 児童作品展
学びで築く明日のまち 東近江市民大学
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧