制服まとめ
夏休み考古博工房 家族で古代の技を体験 高森中の男子卓球部が全国中学総体出場へ
大鹿村に千葉市の児童が農山村留学 「善意の川」を受け継いで 千代小児童がごみ拾い
早稲田の人形芝居「本朝廿四孝十種香」を上演 高森町 「島岡御大」の古里で少年野球大会白熱
上郷小3年生が選果場で「収穫後」見学 リニア見据えた地域づくり講演会開く
飯田市が三穂で地震防災訓練 豊丘村で親子体操教室開く
長期欠席児童生徒支援ネットワークが講演会 国交省飯田国道事務所が地震防災訓練
夏休み考古博工房 家族で古代の技を体験

 飯田市上郷別府の上郷考古博物館は16日、古代の技術を使ってもの作りに挑戦する、夏休み考古博工房「古代のわざにチャレンジ!!」を行った。家族連れら約50人が訪れ、勾玉や石器、土器の拓本作りなどを楽しんだ。

 子どもたちに古代の歴史を楽しく学んでもらおうと、毎年夏休みの時期に開催している体験教室。古代の技術を使ってものづくりに挑戦する6講座を開いた。

 滑石を紙やすりでみがいて作る「勾玉づくり」、本物の土器片を使って墨で拓本をとる「土器の拓本づくり」、粘土でさまざまな形を作って縄文模様を付ける「縄文もようの小物づくり」など。

 青森県の三内丸山遺跡から出土した籠状のふくろに見られる「網代(あじろ)編(あ)み」を体験する「編んだり織ったりマットつくり」では、子どもたちが職員に編み方を教わりながら、クラフトテープとひもを使ってマット作り。飯田下伊那地域で出土する「有肩扇状形石器」を再現しようと、天竜川で採れた石を使ってたたいて加工し、石器作りを体験する講座もあった。

 家族と何度も参加しているという伊賀良小学校6年の男子児童は、ことしは石器作りに挑戦。「石が硬くて形を整えるのが大変だったけど、上手に草を切れたのでうまくいった」と、満足げ。講座の後は館内の展示資料を見学して楽しんでいた。

  
高森町で「市田灯籠流し」 光の共演に歓声上がる 高森南小 市田柿発祥の地で「出前教室」
「飯田市をより良くしたい」 飯田西中2年生市へ提言 OIDE長姫の第1回の文化祭開催へ
平谷村でヒマワリ迷路 ゆっくり花見を楽しんで 阿南一中 空手道授業が終了 日本人の心を学ぶ
阿南高生が商店街実習聞き取り調査 売木小で恒例のスケート開き、学校裏の田んぼリンク
サッカー・コーシン高森カップ 地域の宝を伝えよう 「伊賀良秘密めぐりマップ」作成
「煙が上がったぞ」 信玄のろしリレーを再現 10回目 喬木第一小が阿島傘作り 慎重に和紙張り付け
リニア見据え提案も 豊丘中3年生が「輝丘議会」 天龍村で5町村の協力隊員が研修会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧