制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
矢沢選手地元報告会

 ことし8月に開催されたロンドン五輪のカヌー・スラローム男子カヤックシングルに出場し、日本人初の決勝で9位に入った、飯田市羽場地区出身の矢沢一輝選手(23)=山田記念朝日病院=の地元報告会が28日、羽場公民館で開かれた。地区住民をはじめ矢沢選手の同級生ら約60人が参加。温かい拍手に迎えられた矢沢選手は、「4年後のリオデジャネイロ五輪でのメダルを目指し練習を続けていく。今後も応援よろしくお願いします」と、北京、ロンドンに続き、3大会連続の五輪出場を目指す決意を力強く語った。

 この日は、矢沢選手の出身校、丸山小、飯田西中の生徒、児童も参加。丸山小の三澤実緒児童会長は「世界の9位はすごい。勇気と感動をもらった」、飯田西中の池上広軌生徒会長は「学校のOBが世界で頑張っている姿はとても励みになる」とそれぞれ声を掛け、矢沢選手に感謝と敬意を示した。

 応援実行委員会の林憲世委員長は、「北京から4年間の努力の成果が発揮され、見事に決勝進出を果たした。次のリオに向けても、地域を挙げみんなで応援していく」と話していた。

61歳男性、夢の高校卒業 依存症乗りこえ「仲間のおかげ」 : 京都新聞 小学校教諭、通勤時にスカートのぞき 容疑で逮捕「5年前から」 : 京都新聞
さまざまな質問投げかけ 根羽のカエル館で学習 浪合小2年生 八ケ岳中央農業実践大学校 80周年式典
大阪府、公立90校で亀裂や傾き 北部地震受け教育庁調査 : 京都新聞 10年間でCO2を34%削減!!
泰阜だいだらぼっち学生が村役場訪問 豊丘中3年生が輝丘議会
いじめ相談307件「深刻な内容増加」滋賀県電話窓口、17年度 : 京都新聞 緑ケ丘中でTOJ事前学習
柳瀬氏、10日参考人招致 国会は8日に正常化 : 京都新聞 7日まで全国高校書道コン優秀作品展
光り輝くデゴイチ登場、イルミネーションの点灯開始 「自画撮り」要求に罰則 京都府、条例改正提案へ : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧