制服まとめ
阿智第三小でニジマス水揚げ 松川町でプラザ開設祈願祭
伊賀良小 中学人形劇クラブが合同でプロから指導
川路小5年生が学友林で飯ごう炊さん 豊丘北小 水引細工学習で伝統工芸に触れる
飯田東中2年生がりんご並木で収穫作業 今田人形浄瑠璃奉納公演を開催
飯田女子短大で発願式開く 阿南一中で強歩大会開く
根羽やまあいフェスティバル開く 竜東中で弁当給食交流会~食のバランス目で感じて
阿智第三小でニジマス水揚げ

 阿智村の阿智第三小学校(坂巻敏夫校長、児童53人)は3日、春から学校池で育ててきたニジマスを水揚げし、薫製作りの下準備を行った。飼育から調理までの経験を通して、生き物の命をもらいながら生かされていることを学んだ。

 清流の水を引いた池で4月下旬から育ててきたニジマスは、昨年よりやや小ぶりながら数は多く、児童たちは2時間かけて水抜きした池で344匹をつかみ取りした。

 学校では薫製づくりの専門家の指導を受けながら、腹を割いて内臓を取り出し、塩をまぶして串を刺すなどの作業に取り組んだ。

 保護者たちのおこした炭火で焼いた魚は昼に味わい、残りは4日にサクラの木片でいぶす。

 5年生の男子児童は「かわいそうだけど、命をもらわないと自分たちは生きていけない。だからありがたくいただく」と話していた。

 指導した専門家は「上級生の魚をさばく腕前はほとんどプロ。貴重な体験をしている」と話し、器用にナイフを使う姿を笑顔で見つめた。

 ニジマスの飼育活動は、学校づくりの柱という位置付け。保護者や地域が学校運営に参画する「コミュニティースクール」の象徴的な取り組みとして、二十数年間続けている。

  
飯田技専校で技能フェスタ開く 時又保育園の園児が稲刈り体験
手すき和紙で卒業証書 大名行列保存会がお練りPRで演舞
阿智村とビクセンが望遠鏡を安価で提供 橋北地区文化祭で多彩な催し
百人一首激しく攻防 飯田かるた大会で熱戦 愛宕神社でどんど焼きを実施
大鹿歌舞伎教室の発表会 大鹿歌舞伎を国無重文指定に答申
竜丘で「ぶらきょろ隊」再結成 松川東小児童が役場で山菜販売
泰阜村 松川サッカークラブが30周年記念教室
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧