制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
冬至にあわせ市内小中9校の給食「地元カボチャで元気に」

 冬至の日の21日、飯田市三穂地区で作られた「万次郎カボチャ」を使った献立が市内の小中学校9校で提供された。子どもたちは風邪が流行っているこの時期に、カロチンなどの栄養素を多く含む地元産かぼちゃをほお張り、健康維持に努めた。

 三穂地区農業振興会議(林高功会長)とあじさい会(坂巻京子代表)が遊休農地対策として昨年から栽培し始めた同カボチャ。ことしは株数を6株から10株に増やし、倍となる600個ほどを収穫した。一般的なカボチャよりも甘味があり、栄養価も高いという。

 冬至に合わせた「食育の日」のこの日、「学校給食にもぜひ使ってほしい」という両団体の厚意により、矢高調理場などが調理している給食に使われ「カボチャすいとん」として子どもたちに振る舞われた。

 市立鼎小学校(児童数767人・近藤一彦校長)では給食の時間に放送で万次郎カボチャが紹介された。

 児童らは「甘さがすごくて、今まで食べた中で一番のカボチャだった」「やわらかくておいしい」と笑顔を浮かべた。

 前日から準備し、5200食を調理した矢高調理場の佐々木雅子場長は「地元の小学生も一緒になって大切に育てたカボチャ。しっかり味わい、農に対して意識を向けてほしい」と願っていた。

おいでなして 諏訪市北真志野で迎え火 水中考古学の世界 びわこ湖底の遺跡を掘る
韓国の舞踊家が桜谷小に来校 下條村の匠の会が小正月飾り作り
特別支援学校、運動部なし4割 指導者や施設が不足、地域差も : 京都新聞 大宮神社秋季祭典開く
統計グラフコンクール 五代友厚の資本で「新経営」政所蓬谷鉱山の歴史をさぐる
新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
「龍江かるた」で地域を学習 首相、森友に「関与、忖度ない」 国有地、8億円値引き売却問題 : 京都新聞
「不審者に気をつけて」 ゆるキャラが啓発に協力 大雪福井に京都府警が援助隊 立ち往生国道8号で作業 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧