制服まとめ
喬木第一小で阿島傘の絵付け作業体験 やすおか荘でクリスマス・忘年会開く
泰阜村で冬の山賊キャンプ 4町村で正月成人式~希望胸に一歩踏み出す~
飯伊各地でどんど焼き開く 矢高共同調理場が五平餅振舞う
阿智村のます池でスケート 小中連携・一貫教育委が「重点実践校」設置へ
清内路で転出・在住者にアンケート~定住の課題明確化を~ 高校生がプロから舞台照明学ぶ
飯田市16会場で成人式~1326人が新たな門出~ 豊丘村の有志が南相馬で里山汁振る舞う
喬木第一小で阿島傘の絵付け作業体験

 喬木村の郷土産業だった和傘「阿島傘」作りに取り組む喬木第一小学校4年生70人が25日、傘の表面に絵を書き入れる「絵付け」と呼ばれる作業を同校で体験した。

 村の産業の歴史などを知る狙いで毎年4年生が体験する。3~4人で一つのグループを作り、計18本を製作する計画。先月に骨組に扇形の和紙を張る「大張り」を行い、この日に備えた。

 それぞれ事前にアイデアを出し合い、和紙を張った直径1メートルほどの傘に鉛筆で下書き。阿島傘の保存と伝承に取り組む「阿島傘の会」会長の小林武司さん(85)のアドバイスを参考に、水性絵の具を使って色を付けた。

 来年のえとにちなんだヘビや富士山のほか、アニメキャラクターを取り入れるなどカラフルに仕上げた作品も。児童の一人は「難しいけどおもしろい」といい、慎重に筆を走らせていた。

 絵付けが終わると阿島傘の会で仕上げ作業を行い、来年2月に完成する見通し。小林会長は「喬木にも270年ほど続く伝統工芸があることを知り、理解を深めるきっかけにしてほしい」と話した。

 阿島傘は、江戸時代中期の1737(元文2)年に京都の旅人によって工法が伝わったとされる。戦後には約160戸、年間30万本が生産されていたものの洋傘の普及などによって徐々に衰退し、いまでは1戸のみ。

  
下久堅小 粘土でトーテムポール 卒業記念に6年生が制作 全域駆けて優勝競う 34チーム参加し松川町駅伝
松尾相撲クラブが強豪迎え合宿 飯田OIDE長姫高校の桜姫祭
礼儀正しく元気な声で まけるな相撲松尾場所 松尾小 竜丘小5年生が稲刈り~地元農家の指導受けて~
飯田市内でも1人が死亡 インフルエンザ集団感染で 飯田医師会と県議が懇談
公立高校後期選抜入試合格発表 飯田市内16会場で成人式開く
掛け太鼓や巫女らの行列 天龍村で「満島神社秋祭り」 松尾小学校で実際の選挙用具を使った児童会長選実施
OIDE長姫高がエコカーレース3部門V 根羽小6年生が間伐作業見学 お父さんの職場を訪問 
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧