制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
阿南第一中学校の授業で空手道

 阿南町立阿南第一中学校は2年生の武道の授業に「空手道」を取り入れ、地域の指導者のもと、生徒たちが基本動作を学んでいる。25日に行われた授業には、阿南高校空手道部員3人も指導のアシスタントに加わり、中学生に組手の手本を披露した。

 今年度から必修化された武道の授業では剣道や柔道などを採用する例が多いが、地域の実情に応じて他の武道を取り入れてもよいことになっている。

 阿南一中では2年生の授業に空手道を採用。12月から1月まで14回の授業で空手道の基本動作とあらかじめ決められた動作を複数で行う約束組手を学んできた。

 同日行われた折り返しになる7回目の授業には、阿南高校空手道部から阿南一中卒業生の部員3人も参加。2年生には空手道経験者がおらず、組手にも馴染みがないため、分かりやすいようにと組手を実演した。

 生徒たちが学ぶ練習用の組手だけでなく、手の当たる距離で返し技を織り交ぜた実践的な組手も披露すると、中学生も組手のイメージをつかんだ様子。2人1組となって交互にこぶしや蹴りを繰り出し、空手道の動きを学んでいた。

 指導者は「空手道は用具もスペースもいらず、けがの心配も少ない。内容さえ理解してもらえれば学校現場に導入しやすい。さらに多くの学校で取り入れてもらえれば」と話していた。

熱いブーストで1勝1敗 滋賀レイクスターズ 高校入試後期選抜 飯伊県立7校で923人が合格
名人は岡きぬ子さん 日野町日野菜漬けコンクール 【寄稿】日野町長 藤澤 直広
こころに愛のかけ橋を 社説:いじめ過去最多 : 京都新聞
停職重すぎ、処分取り消しと高裁 教諭のいじめ隠しで : 京都新聞 日野町出身の伊藤みき選手 今シーズンの大躍進報告
滋賀、学テ全教科で全国平均下回る : 京都新聞 川路小学校2年生が農業体験
東近江市議補選
飯伊各地で成人式 18議員が施策を質す 東近江市議会6月定例会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧