制服まとめ
泰阜村で冬の山賊キャンプ 4町村で正月成人式~希望胸に一歩踏み出す~
飯伊各地でどんど焼き開く 矢高共同調理場が五平餅振舞う
阿智村のます池でスケート 小中連携・一貫教育委が「重点実践校」設置へ
清内路で転出・在住者にアンケート~定住の課題明確化を~ 高校生がプロから舞台照明学ぶ
飯田市16会場で成人式~1326人が新たな門出~ 豊丘村の有志が南相馬で里山汁振る舞う
下農高で中電社員が「電気教室」 阿南高で課題研究発表~商品開発で地域に貢献を~
泰阜村で冬の山賊キャンプ

 泰阜村田本のNPO法人グリーンウッドによる「冬の信州子ども山賊キャンプ」が22日から1月6日にかけて行われている。期間中、全国から136人の子どもたちが訪れ、素朴な里山の冬の暮らしや泰阜村の正月行事などを楽しむ。

 年末年始にかけて行われる恒例のキャンプ。夏の山賊キャンプではアウトドアでの体験だが、冬のキャンプでは室内での生活とともに、ハイキングや正月飾り作り、餅つき、森林での遊びなどを体験する。

 キャンプの内容は参加した子どもの考えで決める。敷地内の里山で鬼ごっこや雪遊びをしたり、駐車場の凍りついた路面でスケートごっこをしたりと素朴な遊びがほとんどだが、どの子どもも心底楽しんでいる様子。東京都から6回目の参加という小学5年の男子児童と神奈川県から初めて参加した小学6年の男子児童は「自然がいっぱいあってみんなで楽しく遊べる」と笑顔を見せた。

 コースは伊那谷あんじゃね自然学校で宿泊する通常の「ベーシック」のほか、同村唐笠の集会所に宿泊しながら旧学友林で過ごす「チャレンジ」、大勢でのパーティーや二年参り、初詣、田本地区の元旦マラソンなど泰阜村の大みそかと正月を体験する「お年とり」の3コースがあり、このうち最も人気があるのは「お年とり」だという。

 辻英之理事長は「小規模な家族が増え、年末年始に親戚一同集まって過ごす機会も減ったため、そういった雰囲気を味わう体験が魅力なのだろう」と話していた。

 キャンプでは1月3日から6日にかけて福島県の児童18人も招待。夏冬通算で4回目の取り組みだが、キャンプ招待の支援のため、村内有志から米や野菜などが寄せられているほか、福島県の子どもたちのためデイサロン利用者がマフラーを編むなど善意の活動が展開されている。

  
千代小でヒップホップダンス発表会 北部5町村議会が研修会開く
楽天の大久保監督 泰阜村の小中学生を招待 愛知県豊山中生徒が阿智でスキー合宿
風越高生9人ハチに刺される 高森町山吹で 松川町少年少女消防クラブの結成式
飯田市で消防出初め式 飯田西中2年生が乳幼児の親子と交流
土砂災害想定し情報伝達訓練 飯田市 下農高で県国際教育実績発表会
巧みな所作で人間模様描く 黒田人形浄瑠璃の奉納公演 下農高に中国の高校生らが訪問 授業に参加し交流も
飯田市民吹奏楽団が定期演奏会 伊賀良で80歳の盛人式開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧