制服まとめ
飯田に本格的単位制高校4月開校 下伊那教育会が「まとめの会」~どの子も高まる学び合いを~
県立高校前期選抜 飯伊7校は639人受験 阿南第二中生が高校の出前授業体験 
飯田で「食を考えるつどい」~健康長寿の食育推進~ 第45回天龍梅花駅伝
松尾小4年生が水引教室 外国出身者対象に災害時避難所シミュレーション
東和町でラウンドアバウト交通安全教室 豊丘村が文部科学大臣表彰
阿智第一小「わが家の生活安全課長」が修了式 飯田工高「OIDE」継承し歴史に幕
飯田に本格的単位制高校4月開校

 全日制と単位制高校を併設し、単位制高校部門で全国展開中の学校法人鹿島学園高等学校(本部・茨城県鹿島市)の飯田校がことし4月、飯田市鈴加町に正式開校する。学力をつけたくても様々な理由でそのチャンスを逃している中学生・高校生、さらに社会人にも広く学習する機会を提供する。

 同校の運営母体は、飯田郵便局前で複数の全国ネット予備校と提携事業を展開する早慶ゼミ飯田本校を運営する株式会社イースト(奥村友明代表)。昨年6月ごろ、鹿島学園高校から「飯田校を開校しませんか」と打診を受けた奥村代表は半年近く保留にしていたが、不登校の中学生から高校生、さらに社会人にも門戸を開き、きちんとした学力をつける単位制高校が必要と判断した。

 ことし4月から正式開校する飯田校では、「単位制高校から難関大学合格まで」をスローガンに、本格的な大学受験対策を実施。3年間で74単位以上取得すると高校卒業証書を授与する。中学から不登校の生徒をきちんとフォローすることにより「単位制の中高一貫教育」が実現できることになる。

 奥村代表は「例えば、コミュニケーションなどが若干苦手で不登校になってしまったが、勉強して大学を受験したいと思っている人たちにチャンス」とアピール。「飯田校経由で正式な高卒資格は取得できるが、勉強する意欲のある人だけが入学対象。基礎的な学力を早くつけたい人は、中学生からの学習スタートをお勧めする」と話している。

 鹿島学園飯田校入学については、本人面接と基礎的な入学試験を実施する。問い合わせ先は、鹿島学園高校飯田校(電話48・6838)早慶ゼミ飯田本校(電話22・8065)。

  
「進路選択肢の一つに」 地元企業30社、OIDE長姫で展示説明会 外国出身者対象に災害時避難所シミュレーション
蓮田市の児童ら松川町へ 松尾公民館、夜間ソフト連盟が40周年
根羽小や平谷小児童が愛知県で潮干狩り 地元の中学生と思い出を 阿智村で「つながる福島キャンプ」
台風21号・飯伊でも被害 千代ネギのブランド化へ取り組み
うるのすけも参加 寺子屋で小学生が書初め 飯田市松尾の代田地区
「煙が上がったぞ」 信玄のろしリレーを再現 10回目 第42回飯伊少年野球選手権大会が開幕
飯田市消防団が応急手当普及員資格取得の講習 天龍村で小中生対象の盆踊り講習会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧