制服まとめ
阿南高が卒業生1万人を達成

 阿南町北条の県立阿南高校(牧島晃校長)は1日、卒業生1万人達成を記念して同校同窓会(遠山信義会長)と共催で記念行事を行った。在校生361人と同窓会員、来賓らが出席し、63年間続く同校の歴史を振り返るとともに、今後の発展を誓った。

 同校は1950(昭和25)年、学校教育の機会均等の気運の中、地域の熱烈な要望と教育の振興という目的のもと創立。同窓会員は今年度の卒業生105人(男55人、女50人)を加え、1万51人(男5703人、女4348人)となった。

 式典で遠山同窓会長は、記念すべき日の喜びと同校の歴史を振り返り「第2次高校再編に地域高校が直面していく。これからの皆の生きようが再編に影響する。有能な人材を輩出してきた阿南高校。この地域を背負って立つ一員として頑張ってほしい」と生徒たちに呼び掛けた。

 来賓の佐々木暢生阿南町長は「今後存続させなくてはいけない高校。明日卒業する皆さんは同窓会に入会する。ぜひ母校のために支援協力を」と述べた。

 また、第19回生でタレント、俳優として活躍する峰竜太さんからのビデオメッセージも紹介。高校生活の思い出が心の支えになっていることを語り「自分からいろんなことに挑戦して自分の社会生活に役立ててほしい」と語った。

 牧島校長は、阿南高校の歴史、地域、同窓会に感謝するとともに在校生に対し「地域から信頼され存在感のある阿南高をつくり上げていこう」とあいさつ。同窓会から各学年に記念品が手渡された。

 同日は卒業生の同窓会入会式も開催。翌2日には卒業証書授与式が開催される。

滋賀の小学校教員、若さで全国8番 16年度、力量向上が課題 : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧