制服まとめ
児童養護施設児童対象に初の消費生活講座 飯田女子短大で卒業式
大鹿歌舞伎教室の発表会 「微生物への感心高めて」 親子9組が納豆づくり
鼎小6年2組が卒業記念しタイムカプセル 飯田OIDE長姫高校が開校に向けて準備
飯田線の伊那谷4駅が無人化 飯田OIDE長姫高で始業式
市内の通学路で一斉街頭指導 JR飯田線 鼎と伊那八幡駅で乗り継ぎバス始動
天龍小 みどりの少年団が駒打ちや巣箱づくり 高森南小で「お花見給食」~花びら舞い笑顔も~
児童養護施設児童対象に初の消費生活講座

   若者が被害に遭いやすい消費者トラブルを防ぐため、新たな取り組みとして、児童養護施設に入所している児童を対象にした消費生活講座が14日、飯田市追手町の県飯田消費生活センターであった。

 高校生を対象にした消費生活講座は、学校側からの要請に応じて以前から毎年4、5校開催。昨年4月には大学・短大・専門学校の入学生を対象に開いた。今回は、県児童養護福祉施設連盟の協力を得て、県内4カ所の消費生活センターで初めて開催した。

 南信地区を管内とする飯田消費生活センターでは、4施設のうち2施設の高校生と職員が参加。上沼和則所長から▽悪質商法の具体的な手口やその対処方法▽携帯電話やスマートフォーンの利用上の注意事項、ネットトラブルと対処方法―などについて説明を受けた。

 パソコンで検索中、無料動画サイトを見つけたのでアクセスしたところ、突然「登録ありがとうございます。2日以内に入会金9万9000円をお支払いください」などと書かれた画面が出てきたといった架空請求・不当請求をはじめ、出会い系サイト、インターネットショッピング・オークションなどの事例を説明。

 「怪しいサイトにはアクセスしない」「身に覚えがない請求は支払う必要はない」「個人情報を知られるおそれがあるので、身に覚えがなければ請求の相手先には連絡をしないで無視する」などとアドバイス。「困ったことがあったら1人で悩まず、すぐに相談する」よう呼び掛けた。

 同センターによると、県内で2011年度の相談件数は152件。ケータイやパソコンなどのネットトラブルが63件と最も多く、次いで不動産関係が21件などの内訳となっている。

  
自然の中で阿智と交流 福島の中学生がキャンプ 遠山中学校が全国野生生物保護実績発表大会で発表
飯伊各地で運動会 阿南一中で伝統の茶摘み 製茶して参観日に販売
富草公民館が海物語開催 阿智第三小でスケート参観日
下條中学校3年生が模擬議会 上村で公民館卓球大会開く
高森の吉田神社で春季祈年祭開く 和合小学校が山村留学受け入れ
ワークショップ「歌舞伎役者になってみよう」 伝統芸能を次世代へ 飯田消防署で写生大会開く
下農高で中学生660人が体験入学 豊丘村で慈恵園利用し通学合宿
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧