制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
児童養護施設児童対象に初の消費生活講座

   若者が被害に遭いやすい消費者トラブルを防ぐため、新たな取り組みとして、児童養護施設に入所している児童を対象にした消費生活講座が14日、飯田市追手町の県飯田消費生活センターであった。

 高校生を対象にした消費生活講座は、学校側からの要請に応じて以前から毎年4、5校開催。昨年4月には大学・短大・専門学校の入学生を対象に開いた。今回は、県児童養護福祉施設連盟の協力を得て、県内4カ所の消費生活センターで初めて開催した。

 南信地区を管内とする飯田消費生活センターでは、4施設のうち2施設の高校生と職員が参加。上沼和則所長から▽悪質商法の具体的な手口やその対処方法▽携帯電話やスマートフォーンの利用上の注意事項、ネットトラブルと対処方法―などについて説明を受けた。

 パソコンで検索中、無料動画サイトを見つけたのでアクセスしたところ、突然「登録ありがとうございます。2日以内に入会金9万9000円をお支払いください」などと書かれた画面が出てきたといった架空請求・不当請求をはじめ、出会い系サイト、インターネットショッピング・オークションなどの事例を説明。

 「怪しいサイトにはアクセスしない」「身に覚えがない請求は支払う必要はない」「個人情報を知られるおそれがあるので、身に覚えがなければ請求の相手先には連絡をしないで無視する」などとアドバイス。「困ったことがあったら1人で悩まず、すぐに相談する」よう呼び掛けた。

 同センターによると、県内で2011年度の相談件数は152件。ケータイやパソコンなどのネットトラブルが63件と最も多く、次いで不動産関係が21件などの内訳となっている。

  
生涯学習活動の推進「日本漢字能力検定」 ミシガン州の子どもたちから
諏訪地方の「花」知って 下諏訪北小で花育
アサギマダラ室戸岬で確認 新山小児童マーク 地域の子どもは地域で見守り育てる 蒲生地区青少年育成大会
まんが甲子園「発想力で勝負」 京都・須知高初出場 : 京都新聞 情報発信力を磨く「交流会」
「いじめへの危機感乏しい」学校の対応厳しく批判 調査報告書 : 京都新聞 東近江に響かせる歓喜の歌声 2015年を締めくくる「第 九」
佐川氏の虚偽立証に高いハードル 改ざん不起訴へ、大阪地検特捜部 : 京都新聞 社説:佐川氏証人喚問 疑念はさらに深まった : 京都新聞
公然わいせつで県立学校講師逮捕 商業施設で陰部出し歩いた疑い : 京都新聞 大津市の中2生徒自殺 市長、外部委設置を表明
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧