制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
「微生物への感心高めて」 親子9組が納豆づくり

 飯田市工業課と旭松食品=同市駄科=は22日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで、市内の小学校高学年児とその保護者を対象とした、スーパーサイエンス事業「納豆作り体験」を行った。親子9組が参加。同社社員から納豆ができるまでの話などを聞くとともに、納豆づくりに挑戦した。

 納豆の材料が大豆と納豆菌であることを学んだ児童らは、大豆を蒸す作業からスタート。蒸しあがるまでの時間を利用し、大豆の種類や生産地をはじめ、納豆菌以外の微生物についてや、納豆菌がネバネバになる秘密などを学んだ。また、「オリジナル納豆に挑戦」コーナーでは、同社が用意した枝豆やコーン、あずき、チーズに納豆菌をかけたものを試食。恐る恐る口に運ぶ児童らからは「普通の納豆が一番おいしい」との声が挙がった。

 大豆が蒸し上がると、納豆菌をかけ、雑菌が入らないよう慎重にパック詰め。同社で2日間発酵させてから自宅に発送されるといい、児童らは「届くのが楽しみ。お店で売ってるのと自分で作ったのとを食べ比べてみたい」と笑顔を見せていた。

 同社研究所の村澤久司所長は、「納豆づくりを通じて微生物に興味を持ってもらい、さらに勉強するきっかけになればうれしい」と話していた。

緑の募金コンクール 教頭がパチンコ店でICチップ盗む 被害者に1万円渡し謝罪 : 京都新聞
京都府、織物振興で新ポスト 知事就任後初の人事 : 京都新聞 泰阜村で駅伝競走大会 10回節目で年々盛り上がる
ローカルボイス 子育てと仕事が両立できる社会を実現する!
喬木第二少年野球クラブがラストゲーム楽しむ 児童生徒が取り組み、キャリア教育フォーラムで発表
支援学校元校長ら書類送検、大分 給食死亡事故 : 京都新聞 2季連続の甲子園出場 昨夏の先輩たちを超える活躍を
竜東中3年生が救命法講習会 桂川増水で右京・山国などに避難勧告 京都市 : 京都新聞
輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧