制服まとめ
清内路が小PTA準会員制導入~地域との関わりを~ 千栄小児童が袋いっぱいワラビ収穫
飯田やまびこマーチ開幕 高森町有林で植樹祭開く
松川東小児童が役場で山菜販売 オケ友企画・にこにこステージ音楽祭
愛鼎地区ワンデーマーチに500人~地元をめぐって郷土を~ 来年の再会を約しオケ友音楽祭が閉幕
根羽村の植樹祭 たかもりカヌークラブが初心者対象講習
今田平で東京の中学生が田植え体験 阿南高校福祉コースが公開授業
清内路が小PTA準会員制導入~地域との関わりを~

 阿智村の清内路小学校PTAは準会員制を新たに定め、地区内で募集を始めた。保護者以外の住民から寄せられた「学校やPTA活動に協力したい」という声に応えたもので、住民と学校の関係が深まることが期待されている。

 これまでの規約でも保護者以外の「志のある人」も会員になれるとうたってはいたが、保護者と同額の会費を納めたり、役員選考の対象になるといった義務が敷居の高さを感じさせるからか、入会する例はなかった。

 小学校とPTAは「子どもが中学に進んでもPTAに残りたい」「子どもは卒業して久しいが、学校と関わりたい」といった声に準会員制の導入で応え、3月末の年度末総会で会則を改正。年会費は200円(正会員は3300円)とし、今月末を期限に募集を始めた。

 清内路小は全校児童31人。地域の努力で当初予定の24人から7人増となったが、音楽会などの観覧者は保護者だけではさみしいのが現状で、初年度は相撲大会や参観日、学習発表会、資源回収といった行事への参加が中心となりそう。

 笠原眞弘校長は「ぜひ学校に足を運んでいただきたい。準会員の人数にもよるが、1年通して活動する中でそれ以外の可能性についても、皆さんと相談しながら検討したい」と話している。

  
特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小 赤い実を口いっぱいに 児童がサクランボ狩り 阿智村
将来につながる経験を カンボジアツアー参加の高校生が市長表敬 KIDS自然エネルギー活用コンテスト
竜丘小学校6年生がはにわ作り 120人で茶摘み作業 「稲丘茶」で下農生が黙々と
竜東中1年生が信大院生と宿泊学習 大きなマツタケに驚き 喬木第二小が収穫体験
下伊那農高果樹班がナシの燻蒸作業 阿智高校が学生向け体感授業開く
豊丘村 小4対象に「通学合宿」、親元離れ共同生活 下伊那中学総体開催
阿南・富草小で防災ミニキャンプ 人形劇場で「にこにこステージ26」開催
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧