制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
身長「親の世代」を上回る

=男女とも中高生で細身の傾向=

 県内の中学生、高校生とも細身で、身長はほぼ全ての年齢で親の世代の平均値を上回っていることが、県の平成二十四年度学校保健統計調査で明らかになった。

あすは「こどもの日」
15歳女子の身長・全国1位


 それによると男子の身長は、十歳で全国平均値を下回り、それ以外の各年齢では同じか上回っている。女子は七、八、十一歳で全国平均値を下回り、それ以外の各年齢では上回っている。
 全国での順位は、十七歳男子(平均身長一七一・三センチ)は第七位、八歳(一二九・〇センチ)が第三位、この年代は前年度の七歳でも第三位となっており、全国的に背の高い年代となっている。一方、女子では、十七歳(同一五八・七センチ)で第二位、十五歳(同一五七・九センチ)で第一位、十四歳(同一五七・〇センチ)で第五位になっている。
 平均体重では、男子は八、十二、十七歳で全国平均値を上回るが、それ以外の各年齢では下回っている。女子は十五、十七歳で全国平均値を上回っているが、それ以外の各年齢では全国平均値を下回る。
 全国順位では、十七歳男子(平均体重六四・一キロ)が第七位、十七歳女子(同平五三・二キロ)で第十八位となっている。
 二十三年度の結果でも全国に比べ男女とも下回っている年代が多くあったことから、細身の傾向が続いており、身長と体重を見比べた場合、特に中学生の細身傾向が鮮明になっている。
 二十四年度の調査結果と、三十年前である昭和五十七年度の「親の世代」の調査結果との比較では、ほぼすべての年齢で平成二十四年度の結果が上回っているが、男子の五歳および六歳の体重、女子の五、十四、十六歳の体重では親の世代が上回っている。また、三十年前の体格差が最も大きい年齢をみると、男子の身長が十二歳の三・二センチ、体重も十二歳で三・三キロの差。女子の身長が九歳の一・八センチ、体重は十一歳の一・三キロの差になっており、すべて平成二十四年度の方が上回っている。
 肥満傾向児の出現率を年齢別では、男子十七歳が一四・一一%、女子は十一歳の七・七四%と最も高くなっている。全国平均値との対比では、男子は十七歳以外の各年齢、女子では七、八歳以外の各年齢で全国を下回っている。
 また、六、七、十五歳男子の出現率が全国で最も低くなっており、十六歳の男子および十三歳の女子が全国で二番目に低くなっている。
 一方、痩身傾向児の出現率を年齢別では、男子十一歳が四・二八%、女子では十二歳が五・一四%と最も高くなっている。全国平均値と比べると、男子は十、十五、十七歳以外の各年齢、女子では九、十一、十七歳以外の各年齢で全国の出現率を上回る。


名護市に29億8千万円支給 米軍再編交付金で政府方針 : 京都新聞 宜野湾市議会「安全軽視」と抗議 相次ぐ米軍トラブルに : 京都新聞
わいせつ致傷疑い小学校教諭逮捕 「タクシー相乗り」誘い : 京都新聞 全日本空手道大会の県代表
SOいいだがフロアホッケー交流会
科学の甲子園ジュニア全国大会 清陵中生出場 停電時に安全確保を 台風1カ月で京都・乙訓の住民ら : 京都新聞
障害者雇用水増しで陳謝 滋賀県教育長「信頼裏切った」  : 京都新聞 学校給食センター4社と工事契約
首相、忖度批判「真摯に受ける」 加計問題、招致要求には消極姿勢 : 京都新聞 世界で活躍できる人へ 第3回「竜王町子ども英語スピーチ大会」
馬淵コミセンオープン 防災拠点機能を併設 今治市長「遺憾で残念」 加計学園の謝罪に : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧