制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
根羽村の植樹祭

 根羽村の植樹祭が11日、村の複合観光施設「ネバーランド」周辺で開かれた。新婚や銀婚、金婚の夫婦、同村を源流域とする矢作川下流域の愛知県民ら約200人が集まり、安城市から贈られたミツバツツジ200本を含む花木約500本を、ネバーランド向かいの村有地に植えた。

 ことしは安城市から志貴(しき)小学校の代表児童と教職員、保護者7人が初めて参加。「森を育てよう」と4年掛かりで育てたドングリの苗木120本を、安城市の副市長とともに雨の中で植樹した。

 小嶋喜樹校長は「この体験を通じて自然の素晴らしさに気付き、地域の人々と守っていこうという心が育てば」と話していた。

 新婚は5組中3組、銀婚は2組、金婚は10組中6組が参加し、ミツバツツジを仲睦まじく植樹。記念の標柱も協力して立てた。

 昨年の11月に結婚した村森林組合勤務の浅井孝太さん(26)=東京出身=、役場振興課勤務の沙希子さん(同)=富山県出身=夫妻は「標柱や名前が記録として残るのがうれしい。何年か経ってから見にきたい」と笑顔で話していた。

 新婚者の植樹は村の植樹祭が始まった1953(昭和28)年から毎年行っている。2008年からは矢作川下流域の住民も招くようになり、それぞれのきずなを深めている。

クマに襲われ男性重傷 清内路の山中で 再評価と地域活性化探る 木地師のふるさとシンポ
離島振興法の改正 豊かな自然・島文化を守る 中川の木材をまきに活用 木の駅事業
清内路が小PTA準会員制導入~地域との関わりを~ あかねジュニアバンド
女児誘拐容疑で男を逮捕、札幌 車に乗せ7時間半連れ回す : 京都新聞
【寄稿】滋賀県議会議員 木沢 成人
伏見・深草、藤森、藤城に避難勧告 京都 : 京都新聞 598校の通学路に不適合な塀 大阪府調査、8900カ所 : 京都新聞
フランスで「人形の友 友好都市国際協」第1回総会 近畿・中国・四国で最優秀 安土小に総務大臣賞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧