制服まとめ
根羽村の植樹祭 たかもりカヌークラブが初心者対象講習
今田平で東京の中学生が田植え体験 阿南高校福祉コースが公開授業
就職面接会・ふるさと就職の集い開く 飯島で県政タウンミーティング
喬木中2年生が農業体験~地域に学び愛着深める~ 松川高 台湾の高校生が来訪、同世代間の友情育む
上郷小5年生が豊作う 代かきで泥まみれ 天龍中で初夏の風物詩プール開き
下農高生が体験学習「ひさかた御膳」作り 「下伊那の書展」開幕、多彩な200点を一堂に
根羽村の植樹祭

 根羽村の植樹祭が11日、村の複合観光施設「ネバーランド」周辺で開かれた。新婚や銀婚、金婚の夫婦、同村を源流域とする矢作川下流域の愛知県民ら約200人が集まり、安城市から贈られたミツバツツジ200本を含む花木約500本を、ネバーランド向かいの村有地に植えた。

 ことしは安城市から志貴(しき)小学校の代表児童と教職員、保護者7人が初めて参加。「森を育てよう」と4年掛かりで育てたドングリの苗木120本を、安城市の副市長とともに雨の中で植樹した。

 小嶋喜樹校長は「この体験を通じて自然の素晴らしさに気付き、地域の人々と守っていこうという心が育てば」と話していた。

 新婚は5組中3組、銀婚は2組、金婚は10組中6組が参加し、ミツバツツジを仲睦まじく植樹。記念の標柱も協力して立てた。

 昨年の11月に結婚した村森林組合勤務の浅井孝太さん(26)=東京出身=、役場振興課勤務の沙希子さん(同)=富山県出身=夫妻は「標柱や名前が記録として残るのがうれしい。何年か経ってから見にきたい」と笑顔で話していた。

 新婚者の植樹は村の植樹祭が始まった1953(昭和28)年から毎年行っている。2008年からは矢作川下流域の住民も招くようになり、それぞれのきずなを深めている。

  
千代ネギのブランド化へ取り組み 5日に「さくら・橋北祭」 ライトアップ幻想的に
清内路 小中連携・一貫教育推進委が報告会
清内路小で相撲大会 新たな土俵で「はっけよい」 飯田風越高でOGによる食文化特別講座
下條村文化の祭典で歌舞伎公演 名演に拍手とおひねり 根羽小学校で飯伊で最も早い終業式
高森北小4年生がホタルの幼虫を放流 飯田病院陸上部が松川中で走力強化講習
まけるな相撲松尾場所 全校児童が体育の授業で 学校に別れを惜しむ 泰阜南小の閉校式
「楽しく遊んで村学ぼう」 平成版阿智村かるた完成 遠山中学校が全国野生生物保護実績発表大会で発表
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧