制服まとめ
喬木中2年生が農業体験~地域に学び愛着深める~ 松川高 台湾の高校生が来訪、同世代間の友情育む
上郷小5年生が豊作う 代かきで泥まみれ 天龍中で初夏の風物詩プール開き
下農高生が体験学習「ひさかた御膳」作り 「下伊那の書展」開幕、多彩な200点を一堂に
阿南第一中の生徒が茶摘み作業 泰阜村で駅伝大会開く
阿南一中 校内の畑で梅の収穫 各地で衣替え、夏に向け装いさわやかに
市が防災訓練、新着情報に対応的確に OIDE高 エコカーレース優勝、原動機部が他を圧倒
喬木中2年生が農業体験~地域に学び愛着深める~

 喬木中学校2年生約70人が17日、村内で農業体験学習を行った。グループごと農家を訪ね、農作業を手伝ったり農家との交流を深めた。

 村の基幹産業である農業の実体験を通じ、地域住民と交流したり地域への愛着を深める狙いで10年目。

 毎年2年生が対象。総合的な学習の時間を使って実施した。15のグループに分かれて農家を訪問した生徒はリンゴの摘果や野菜の苗植え、果樹園の管理作業などに汗を流した。

 生徒の2人は阿島帰牛原の男性(57)方で田植えを体験した。植える間隔や苗の本数などポイントを教った後、早速はだしになって田んぼへ。コシヒカリの苗を4、5本ずつ手にとり、根っこから丁寧に植え込んだ。生徒らは「田植えは小学生以来。難しいけど慣れるとおもしろい」といい、リズム良く手を動かしていた。

 生徒を受け入れた農家の男性は、ことしは農業体験に合わせて田植え作業を始めた。水が張った10アールの田んぼの中央は機械によって苗が植わり、周囲を手植え用に用意。「土に触れる機会が減る中、農業の大切さを知るきっかけにもなれば」と期待を込めた。

 農業体験学習は計3回で6月と7月にも行う予定。

  
りんご並木写生&動物園フォトコン作品審査 120人で茶摘み作業 「稲丘茶」で下農生が黙々と
新野千石平ロードレース、1000人余が高原駆ける 下伊那農業高校が発表会3部門で最優秀
食品の夏期一斉取締り
阿南町議会が「全国町村議会表彰」 活性化協の議会改革評価され 阿智中学校で村長さんと語る会開く
天龍中で初夏の風物詩プール開き 龍江小、ワイン用ブドウの収穫体験
下伊那高校連合音楽会、お互いを高める機会に じっくり選んで“パクリ” 龍江小児童がイチゴ収穫体験
夢かなえ隊が園児らに田植え体験 OIDE長姫高で2級施工管理検定講座
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧