制服まとめ
遠山郷で夏休み地元産業見学ツアー 鼎でどっきどきスクール開く
高森でバレーボール観戦 くらしのセミナーでスマートフォン学ぶ
飯田と高森で明大野球教室開く 飯高邦楽班が全国総合文化祭で優勝
松川町で巡回ラジオ体操 いいだ人形劇フェスタ開幕
伝統野菜を使った調理講習会開く お盆に20歳の誓い、
売木村でトライアスロン合宿 和田小卒業生らがタイムカプセル開封
遠山郷で夏休み地元産業見学ツアー

 飯田市商業・市街地活性課と飯田商工会議所は2日、小学5、6年生の親子を対象とした「夏休み地元産業見学ツアー」を催行し、遠山郷を訪ねた。7組15人が参加し、遠山郷の林業や観光業、食品加工業などに加え、新産業として期待が寄せられるトラフグの試験養殖についても理解を深めた。

 地元の企業、産業に親しむ機会を設けることで、その魅力や重要性を発見してもらうとともに、地域への愛着を養い将来の地元就職率の向上に結びつけようと、2007年から続く恒例のイベント。「子どもたちの関心をより高められるように」と、座学だけではなく企業や産業の現場に直接触れる体験や見学に重点が置かれている。遠山郷 で実施されるのは今回が初めて。

 この日はまず、梨本ていしゃばや旧木沢小学校で林業について学習。木沢活性化推進協議会などから、その歴史について学んだ。また、遠山森林鉄道の乗車体験も行われ、子どもらは楽しみながらも、林業が盛んだったかつての地域の姿に思いをはせた。

 続いて、トラフグの養殖場やかぐらの湯を見学。参加者らは、山間地でのトラフグ養殖という一風変わった新たな取り組みに興味津々で、メモを取りながら熱心に説明を聞いていた。また、肉のスズキヤでは製造プラントを見学。食品加工や販売の現状を、高齢化や若者不足といった地域が抱える課題なども踏まえて学んだ。

 「トラフグを見てみたい」と参加した、龍江小学校6年生の男子児童は、「遠山の人たちが、今も昔もいろいろな工夫をしながら仕事をしていることが勉強になった」と話していた。

  
東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」 「一番の尊い遺品になった」 軍事郵便が遺族の元に 飯田市川路で発見
和合小学校が山村留学受け入れ 下伊那農高果樹班がナシの燻蒸作業
アイガモ泳ぎ稲作に一役 阿智村智里 豊丘中学校でみらい塾を開講
「新野の雪祭り」が国立劇場で初公演  OIDE長姫高がエコカーレース3部門V
省エネを分かりやすく 松川町中央小で出前エコ教室 愛宕神社でどんど焼きを実施
飯伊の小中学校で始業式 下久堅小「自分からあいさつを」 阿南一中で「ふるさとタイム」
阿智村でチャレンジフェスティバル 緑ケ丘中でふれあい体験講座の発表会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧