制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
和田小卒業生らがタイムカプセル開封

 2001(平成13)年和田小学校(飯田市南信濃)卒の卒業生たちが14日、学校の敷地内に埋めたタイムカプセルの開封作業を行い、思い出が詰まった品々を取り出した。自分や家族からの手紙を受け取り、感激。旧交を温め、12年前に思いを馳せた。

 卒業を記念し、学校の敷地内に埋めたのが12年前の3月。えとが1周し、約束の時を迎えたため、12人の卒業生のうち9人が思い出の学び舎に集まった。

 自分たちの名前を記したタイルをはがし、コンクリートをうがつと、中には懐かしい品々が。「希望の朝」などを記した6年生の時の書初めや、自分、家族からの手紙の他、カードゲームやマリモまで、当時の大切だったものが次々と出てきた。

 中には「二十歳になったら飲んでほしい」と両親が入れたお酒やお金もみつかり、感激させた。

 出生からの記録をつづった手紙や指輪を母親から受け取った女性(23)は「きれいに残っていて驚いた。お母さんからの手紙に感動させられた」と語った。

 日頃からSNSなどを使って交流をしているという12人。南信濃に残っている人は2人で、他は飯田市や県内外に散らばっている。

 上村小学校に勤めている女性(24)が調整役を務めた。「12年が過ぎてみんな大人になったが、やっぱり残っているものは同じ。当時の気持ちに戻れた気がした」と話していた。

 タイムカプセルを埋めた敷地は、同じ巳年の24年前の卒業生たちから引き継いだ。参加者たちは、来年3月に卒業する児童たちが使ってくれればと願っていた。

緑中技術部がエコカーで大会に挑戦
米原市などで「緑の集い」
900人が駆け抜ける 阿南町新野で千石平ロードレース大会  阿智と平谷の4スキー場がオープン
卒業式に飾る ふるさとの伝統工芸
日野中学校 給食施設整備へ 1年越しで補正予算議会承認 ロンドン五輪 カヌーの矢沢決勝9位、日本勢初の快挙
竜丘小5年生が田んぼであぜ作り作業 入学式後に盗撮疑いで校長逮捕 警視庁高島平署 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧