制服まとめ
和田小卒業生らがタイムカプセル開封 飯田でピースミーティング開催
千代で子ども釣り大会、自然の中で釣り糸垂らす 鼎中 「WAZACAN出前講座」で技能を体験
市立全19園で一斉にシェイクアウト訓練 阿南署が大震災想定し警備訓練
楽しみながらCOT体験、飯田市で親子向けに教室 JICA研修 竜丘で地域と公民館の役割学ぶ
阿南 豊橋動物園におきよめの湯
上郷小3年生がJA果実選果場を見学 市教委がいじめ対応マニュアル作成
和田小卒業生らがタイムカプセル開封

 2001(平成13)年和田小学校(飯田市南信濃)卒の卒業生たちが14日、学校の敷地内に埋めたタイムカプセルの開封作業を行い、思い出が詰まった品々を取り出した。自分や家族からの手紙を受け取り、感激。旧交を温め、12年前に思いを馳せた。

 卒業を記念し、学校の敷地内に埋めたのが12年前の3月。えとが1周し、約束の時を迎えたため、12人の卒業生のうち9人が思い出の学び舎に集まった。

 自分たちの名前を記したタイルをはがし、コンクリートをうがつと、中には懐かしい品々が。「希望の朝」などを記した6年生の時の書初めや、自分、家族からの手紙の他、カードゲームやマリモまで、当時の大切だったものが次々と出てきた。

 中には「二十歳になったら飲んでほしい」と両親が入れたお酒やお金もみつかり、感激させた。

 出生からの記録をつづった手紙や指輪を母親から受け取った女性(23)は「きれいに残っていて驚いた。お母さんからの手紙に感動させられた」と語った。

 日頃からSNSなどを使って交流をしているという12人。南信濃に残っている人は2人で、他は飯田市や県内外に散らばっている。

 上村小学校に勤めている女性(24)が調整役を務めた。「12年が過ぎてみんな大人になったが、やっぱり残っているものは同じ。当時の気持ちに戻れた気がした」と話していた。

 タイムカプセルを埋めた敷地は、同じ巳年の24年前の卒業生たちから引き継いだ。参加者たちは、来年3月に卒業する児童たちが使ってくれればと願っていた。

  
SOプログラムの小学生フロアホッケー交流会 千代ネギの会が苗を定植
高森町が信州大と協定 売木村が移動式まきストーブ導入
楽天の大久保監督 泰阜村の小中学生を招待 下久堅小4年明組が人形劇上演 竜東デイサービスセンターで
飯伊100計画実行委がアンケート 1年の防災意気高め 根羽、平谷皮切りに出初め式
県飯田技専校が建設機械オペレーション科開講 阿南町富草で芸能文化祭
飯伊県立7校で高校入試前期選抜 清内路かぼちゃを定植 伝統野菜を地域で守る
高森中の美術部員ら「亀之丞物語」制作 今田平でワインブドウ収穫 広島県の高校生も参加
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧