制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
飯田西中2年2組が公開授業

 飯田市立飯田西中学校2年2組の生徒25人は18日、同市羽場公民館で家庭科の公開授業を行い、同公民館の吉澤之栄館長をゲストティーチャーに迎え、地域との関わり方などについて学んだ。

 この日の授業のテーマは、「地域の活動がなぜ行われるのかを考え、地域とどのように関わり合っていったらいいか考えよう」。地域活動の意味について考えた生徒らは、「地域を明るくする」「絆を深める」「活性化させる」「住みやすい場所にする」などと、それぞれの意見を発表した。

 また、地域のために自分たちができることについては、「地域活動に積極的に参加する」「地域の人に声を掛ける」「地域に対する自分の思いをどんどん述べる」などを挙げ、今後の授業で、より良い地域にするためのアイデアをまとめ、羽場・丸山地区のまちづくり委員会に伝えることを決めた。

 授業で吉澤館長は、「中学生は地域の一員として大切な存在。地域活動は大人だけがやるものではないので、積極的に参加したり、意見を述べたりしてほしい。皆さんは今だけではなく、将来のこの地域にとっても大事な人。将来もぜひこの地域で活躍して下さい」と呼び掛けていた。

  
ふるさと竜東の集い開く 小中学生や地域住民が 子どもたちの夢に咲く夜桜
下農高で煎茶道の講習 茶摘みし製茶したもの使い 中学教諭が繰り返し体罰、3人不登校に 柔道部や担任クラスで : 京都新聞
受動喫煙条例で啓発の催し、東京 1月の努力規定施行を前に : 京都新聞
高校生の就職試験で不適正質問 家族の職業や愛読書など… 交換学生で櫻さん派遣 東近江ロータリークラブ
子ども図書館に6万円寄付 指導者など環境面が充実
ガリ版体験学習 サポーター募集 よこね田んぼで地元小中学生が田植え
元自衛官の男は2発被弾、富山 交番で警部補が発砲か : 京都新聞 面会「加計のみ」厚遇ぶり鮮明に 柳瀬氏、自ら判断強調 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧