制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
座光寺小児童が植えたフジバカマにアサギマダラ

 飯田市座光寺の「パノラマファーム大門」で、昨年春、座光寺小学校の4年生24人が植えたフジバカマ約200株がこのほど花を咲かせ、その香りを好む大型のチョウ「アサギマダラ」が吸蜜のため数多く集まっている。企画した住民有志の1人で「アサギマダラを保存する会」代表の松村久さんは「楽しみに待っていた。去年は来なかったので、5年生になった子どもたちにも伝えたい」と話している。

 高校生ごろからチョウに興味を持ち始めた松村さんは、近年、九州など南方に生息するチョウを座光寺地区内でも確認するようになり「温暖化で生態が変わりつつある」と数年ぶりに観察を再開。調査を進める中で、今回のアサギマダラを呼び寄せる企画を思いついた。

 アサギマダラは春から夏に高原や山地に生息し、食草で繁殖する。9月中旬から10月中旬ごろにかけ成虫は平地に移動してフジバカマに集まり、10月が終わるころには南方へと1000キロ以上飛行するとされる珍しいチョウという。

 「アサギマダラの里」づくりは昨年春、ファームの一角を借りて児童と松村さんを含む住民有志4人とで苗を植えた。昨年は花が咲かなかったものの、ことしは背丈約150センチほどに成長して満開に。先月18日に吸蜜するアサギマダラを確認した。それ以降、飛来する数は日に日に増え、多いときでは30匹以上に。松村さんによると、あと数日は観察できるといい「珍しいチョウに関心を持ってもらうとともに、自然に親しんでもらえれば」として場所を開放している。

 また地区内の別の住民有志で着手しているパノラマファーム大門は、同地区上段の大門原で20年以上にわたり手付かずの状態だった遊休農地を借用し、農業を中心に子どもたちを対象にした体験事業を目的とする農園事業を目指す。敷地内には木造2階建ての家屋もあり、将来的には丸1日を過ごし、宿泊も可能な農業体験場にしたい考えだ。

重機は運搬中、時速15キロ走行 大阪の児童ら5人死傷事故で : 京都新聞 飯田市が総合防災訓練を実施
魚のゆりかご水田10周年 栗見出在家町 記念式典 中学生親善大使7人を派遣 韓国密陽市で友好交流
みなみ信州駅伝・ロードレース大会 初めての大会に720人出場 松川北小がコスタリカ留学生と交流 ホストタウンの一環
田んぼだいすきふるさと農村こども 絵画コンクール知事賞に 戦渦に生きた子どもたち 平和祈念館・愛東図書館
思想家・親鸞の足跡を訪ね ゆかりの地・京を巡る 森友交渉記録が存在、国会提出へ メールなど数百ページ分 : 京都新聞
御園小4年生 パッカー車でゴミの学習
小、中学生対象 英軍と共同訓練、30日から 静岡、山梨、宮城で陸自 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧